スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0212『ヴィデオドローム』監督 1982年アメリカ


”VIDEODROME” 
にほんブログ村 映画ブログへ

エログロ零細ケーブルテレビの社長マックス・レン(ジェームズ・ウッズ)が、視聴率を稼ぐために過激な映像を追い求め、ついにたどり着いたのが”ヴィデオドローム”。いわゆるスナッフフィルム(実際の殺人行為を移したフィルム)であるらしい。自局の番組として取り込むべく、ヴィデオドロームを探るうち、徐々にマックスは幻覚を見るようになっていく。

き・も・ち・わ・る~。
いつ観ても、このあたりのクローネンバーグ作品は気持ち悪い。ディープなファンは、この気持ち悪さがたまらなかったりするんでしょうか。わからなくもないけど。映像的気持ち悪さ加減は、8分20秒の特盛YouTubeを載せときましたのでそちらでご確認くださいませ。

後半に画面にあふれる内臓感覚もさることながら、なんというのか、その、”ビデオ”っていうのがいやですねぇ。”映像”には、時に大きな影響力があって、ある人が人生のあるタイミングである映像を見たために、その後の生き方を大きく変えたりすることもあるでしょう。また、ある映像が同時にたくさんの人々にたまらないほどの不快感を与えたりすることもあるかもしれません。

マックスに幻覚を見せるのは、”ヴィデオドローム”っていう映像なんだけど、マックスの変容には”ビデオ”が大きくか関わってるわけで。。映像が精神に影響を与えるっていう、わかり易い範囲から思いっきりはみ出してるし。不快なんですよねぇ。映像で洗脳されるっていう精神的な話だったら、その内容がスナッフだろうがなんだろうが、こんな気持ち悪さは多分感じないんでしょう。でも、同時にそれがビデオカセットって安っぽい形になって、脈打って、腹にできた穴にジュボジュボと挿入されて。。。映像を見たことによってできた脳腫瘍による幻覚。考えてみればその発想だけでもうすごいんだけど、それを具体的な形として見せちゃって、もう精神的なもんも肉体的なもんも、まぜこぜでぐっちゃぐちゃ。。おまけに生の肉と無機質な物体の気色悪い合体感覚。やっぱり気持ち悪いわ。

今日久しぶりに『ヴィデオドローム』を観たのは、実はこんな記事を見かけたからです。

クローネンバーグ代表作をリメイク 『ヴィデオドローム』がSFアクション大作に 
~ヴァラエティ・ジャパン 2009/4/29


監督はまだ決まってないのかな?脚本はアーレン・クルーガーで、この人の書いた『レインディア・ゲーム』は映画館で見た覚えあり。最新作では、『トランスフォーマー/リベンジ』も書いてますね、その他『ブラザーズ・グリム』とか。

がんばっていい作品にして欲しいものだと思うのですが、ちょっと気になるコメントが。。

「リメイク版では基本コンセプトにナノテクノロジーの考え方を盛り込んだ、大規模なSFアクションとして製作する予定だという。」

・・・なんかいやな予感がする。

ぐちゃぐちゃ感が独特のクローネンバーグタッチこそが、30年近くオリジナルを偉大なカルト作品として輝かせている理由であって、それって”大規模なSFアクション”とはぜんぜん違うでしょ。ちょっとやそっと金かけてコンピュータ使っても、おいそれとは凌駕できないでしょうねぇ、この作品の気持ち悪い魅力は。クローネンバーグ作品の中でもよりによって『ヴィデオドローム』をSFアクションにしようとしてる時点で負け試合確定?

今から作るんだったら、DVDじゃなくていいのかなぁ。DVDじゃマックスの腹に挿入するにしてもスリットで間に合うし、全然気持ち悪さが伝わらないなぁ。。などとつまらない心配もあります。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作:クロード・エロー
製作総指揮:ピエール・デヴィッド/ヴィクター・ソルニッキ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:マーク・アーウィン
特殊メイク:リック・ベイカー
音楽:ハワード・ショア

出演:ジェームズ・ウッズ/デボラ・ハリー/ソーニャ・スミッツ/レイ・カールソン/ピーター・ドゥヴォルスキー

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0211『ファンタスティック・プラネット』ルネ・ラルー監督 1973年フランス・チェコ



”LA PLANETE SAUVAGE” にほんブログ村 映画ブログへ

前回の『イエロー・サブマリン』で”ファンタスティック・プラネットの方が良い!”とコメントしましたが、以前の古いブログの方にこの作品の記事がおきっぱなしになってしまっていました。
本来なら再鑑賞の上書き足したいところですが、とりあえずそのまま転載しておきます。


以下、転載。


あらすじ

惑星イガムでは、巨大宇宙人ドラーグ人が人間をペットとして飼っている。人間の子供テールはドラーグ人の少女ティバに育てられ、彼らの学習装置により高度な知識を身につける。やがて、成長したテールは学習装置を奪い脱走、反ドラーグの人間たちのリーダーとなっていく。

みどころ

幻想的なローラン・トポールのイラストを切り紙アニメで映画化した作品。巨大で無表情なドラーグ人に対して、悲しそうな顔の小さな人間たちがいかにも弱々しい。不思議な生物(この造形がまた絶品)が生息する惑星の描写やドラーグ人の生態など、なんともいえない画像としての魅力を持っています。切り紙アニメ独特のカクカクとした動きもこの作品の雰囲気には適していますね。実に摩訶不思議な世界観。

ルネ・ラルーはもともとはアニメにかかわる人ではなく、ある村で、バカンスに出かけた精神科医の友人の代役として、絵画や影絵のようなものを使った精神療法を試み、その過程でアニメーションに深くかかわるようになったのだそうです。

この作品の製作に対するラルーとアニメスタッフ(チェコのイジー・トルンカスタジオ)のこだわりはすさまじく、背景画の上に直接登場人物の絵を乗せて撮影する方法で作られており、実に4年の歳月をかけて完成。画面としてみたときの自然な美しさは特筆もので、マニアの間では「あのトポールの絵がそのまま動く!」として驚嘆のまなざしで迎えられました。1973年のカンヌ国際映画祭特別賞獲得、パルムドールにノミネート。

個人的には

アニメ作品ってあまり見ません。なので、当然この作品も全然知りませんでした。

が、この作品痛く気に入りましたね。その理由は多数登場するわけのわからない生物。なんとも素敵。古くはずいぶん昔に読んだ手塚治虫「火の鳥」(宇宙編?)に出てくる生物とか、SFなどに登場する変な生物の絵に妙に魅力を感じるのですよ。

特に、学習装置によって知恵をつけた人間が道具を使って初めて鳥の化け物を倒しますが、この鳥!あのぎざぎざの口で人間が住んでいる建物の屋根を破って、その穴からありくいみたいに長い舌を差し込んでくっついた人間食べてます。妙に合理的でグロテスクなところが実にGOOD。素敵だと思いませんか?(思わないか・笑)★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ルネ・ラルー
製作:サイモン・ダミアーニ/アンドレ・ヴァロ=カヴァグリオーネ
原作:ステファン・ウル
脚本:ローラン・トポール/ルネ・ラルー
撮影:ハポミル・レイタール/ボリス・パロミキン
音楽:アラン・ゴラゲール

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0210『イエロー・サブマリン』ジョージ・ダニング監督 1968年イギリス



”Yellow Submarine” にほんブログ村 映画ブログへ


もともと、アニメに乗り気でなかったビートルズのメンバーを本気にさせて、最後に実写出演までさせたのは、ジョージ・ダニングが創り上げたポップでサイケな作品の芸術性。ということなんでしょう。You Tubeで観ることがができるとおり、お見事。人気キャラのジェレミーやブルー・ミーニーズなどは、いったいどんな感性が創らしめたのよ、と聞いてみたくなるくらい。

それだけ見事なアートのカタマリ(しかも音楽は言わずもがな。”サージェント・ヘペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”ってこんなにいい曲だったのね。。)なのに、映画として面白く感じられなかったのは何故かなぁ。って、個人的には答えわかってるんですけどね。ドラマが観たいんですよ、ドラマが。サイケなアートの洪水じゃなくて、心躍るドラマが観たいのだ!その点、単純すぎるんだ、この作品は。ドラマが。そういう意味じゃ、ポップアートアニメなら『ファンタスティック・プラネット』の方が断然面白かった。

昔々のビートルズファンだったころなら、もっと楽しく見れただろうに。残念だ。
色とりどりのアートと音楽に浸っているだけで幸せな気分になるには、あまりに世間ずれしすぎちゃったんだろうなぁ、自分が。★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ジョージ・ダニング/ジャック・ストークス
製作:アル・ブロダックス
脚本:リー・ミノフ/アル・ブロダックス/ジャック・メンデルソーン/エリック・シーガル
撮影:ジョン・ウィリアムズ
音楽:ザ・ビートルズ/ジョン・レノン/ポール・マッカートニー/ジョージ・ハリソン/リンゴ・スター
声の出演:ジョン・クライブ/ジェフリー・ヒューズ/ピーター・バトン/ポール・アンジェラス

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0209『ダ・ヴィンチ・コード』ロン・ハワード監督 2006年アメリカ


”THE DA VINCI CODE” にほんブログ村 映画ブログへ


話題になった映画。大概の話題作は、旬のときには観(られ)ません。

ソニエールがシラスに殺されて、ラングドンとソフィーが鍵を見つけてルーヴル美術館から脱出するまでは、結構テンション高く見れました。この部分までは、ちょうど原作で読んだ部分でもあるんですけど。

その後は、ずっと中高度飛行で可もなく不可もなく着陸って感じ。盛り上がりも盛り下がりもしないけど、寝てしまうほどつまらなくはない。2時間30分見せるだけのパワーはあるらしい。しかし、ロン・ハワード(監督)&アキヴァ・ゴールズマン(脚本)のアカデミーコンビによる映画作り、トム・ハンクス&オドレイ・トトゥ&ジャン・レノの俳優陣、ダン・ブラウンのベスト・セラー小説というインプットの豪華さからするととても成功作品とは言えんかなぁ。

2時間半の長尺ですら、掘り下げきれない内容とキャラクターの弱さの中途半端ダブルパンチが痛い。一生懸命作ってるのはひしひし感じられるんだけどねぇ。

”キリスト教の歴史がひっくり返るかも”っていう”ことの重大性”が、のんきな無神論者の集まりである日本では、それほどの大事に聞こえないという、実に不幸な地政学リスクを差し引いたとしてもですよ、(導入は別にして)伏線からクライマックスからどんでん返しまで、なぞ解きとしても人間ドラマとしてもサスペンスとしても描きこみが満足ラインに達しないのが本当に遺憾。
主役三人のキャラも。。。もう言わんとこう。オドレイ・トトゥのびっくり顔に「君こそが”それ”なのだ」って言われてもなぁ。真顔でそういうのがトム・ハンクスだしさ。いやいや、言わんとこう。

久しぶりに感想書いてみたら、ボコスコになってしまいましたが、知的好奇心は湧く映画で良かった。思えば、洋画好きっていうのは、キリスト教的な心と頭脳を持った人の作品をたくさん見るわけなので、キリスト教に対する知識と理解はある程度持っているべきなのかも知れませんな。そう思ったのは収穫。

★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー、ジョン・キャリー
製作総指揮:トッド・ハロウェル、ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
プロダクションデザイン:アラン・キャメロン
衣装デザイン:ダニエル・オーランディ
編集:ダニエル・P・ハンリー、マイク・ヒル
音楽:ハンス・ジマー

出演:
トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)
イアン・マッケラン(リー・ティービング)
アルフレッド・モリナ(アリンガローサ司教)
ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ)
ポール・ベタニー(シラス)
ユルゲン・プロフノウ(ヴェルネ)
エチエンヌ・シコ(コレ警部補)
ジャン=ピエール・マリエール(ジャック・ソニエール)
セス・ガベル
サム・マンキューゾ

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。