スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0219『親密すぎるうちあけ話』パトリス・ルコント監督 2004年フランス


”CONFIDENCES TROP INTIMES” にほんブログ村 映画ブログへ

久しぶりのフランス映画で【親密すぎるうちあけ話】。”橋の上の娘”に痛く感心したのはいつだろうと調べてみると2007年の7月でした。大好きなパトリス・ルコント監督なのに、その後3年以上もなぜか一本も見てなかったということです。

パリのアパルトマンで開業する堅物税理士ウィリアムのところに、同じフロアのカウンセラーのオフィスと間違えて、ちょっと影のあるアンナがやってくるところから始まります。いきなり夫婦関係の悩みを口にするアンナに、自分は精神分析医ではないと言いそびれたウィリアム。さらに、二度目の”カウンセリング”でも本当のことを話すことができず、赤裸々な悩みの告白に戸惑いつつも彼女の魅力に惹かれていきます。結局、ウィリアムの嘘はすぐにアンナの知るところとなり、一度は怒りをぶちまけてオフィスを去っていったアンナ。しかし、彼女はまたウィリアムの前に現れ、偽物カウンセラーと正体不明の患者の関係が続きます。。。

「寝るか、見捨てるか」ウィリアムの元妻が吐くセリフが、自分の今までの女性との付き合い方をありのままに指摘されたようでちょっと少なからずドキッとしました。一度好きになった女性との付き合い方は肉体関係を伴う恋愛関係か、それとも永遠のさよならか。

この映画を見ていると、そういう二者択一の関係しか取れないのってすごく寂しい生き方だなと思えてきます。「寝る」と「見捨てる」の間に芳醇なる男女関係がある。。。っていうのが頭でも身体でも理解できるには、年齢と人生経験の積み重ねが必要なんだろうなぁ、きっと。この映画は主人公が20代では成り立たないような気がする。ウィリアムとアンナの年齢は明らかにはされていませんが、役者の実年齢で行くと、サンドリーヌ・ボネールが37歳、ファブリス・ルキーニが53歳。こういう微妙なバランスの男女関係を紡ぎ出すには、そのくらいの熟成は必要なのかもしれません。

この映画で、アンナと並んで重要な女性登場人物の元妻ジャンヌ(アンヌ・ブロシェ、38歳。ちょっと年取って見えるけど笑顔がすごく素敵)。ウィリアムがアンナと出会ったのは、ジャンヌと離婚してまだ未練を断ちがたい時期。割り切ったドライな男女関係が信条と見えるジャンヌとの関係と、触れられそうで触れられないもどかしいようなアンヌとの関係。ジャンヌの世界からアンヌの世界に移ろいゆき、本当にくつろげる幸せな恋愛関係にたどり着くウィリアムが本当に羨ましいと感じました。

また、そういう50男を演じるファブリス・ルキーニが絶妙にうまい。ちょっと固そうで怯えたような目線と、きっちりネクタイをしめたスーツ姿が忘れ難いキャラです。

とはいえ、熟成してても、伝えたいことを言えなかったり、嫉妬心に身悶えしてみたり、わざと冷たくしてみたり、男も女も達観できないところが面白いところで、フランス映画見てるとこういう機微がとてもよく伝わります。やっぱり国民性なんだねぇ。ちなみにこの映画見て、フランス語の勉強はじめましたw。

★★★★☆にほんブログ村 映画ブログへ


<スタッフ&キャスト>
監督:パトリス・ルコント
製作:アラン・サルド
製作総指揮:クリスティーヌ・ゴズラン
脚本:ジェローム・トネール
撮影:エドゥアルド・セラ
美術:イヴァン・モシオン
衣装:サンドリーヌ・ケルネール
編集:ジョエル・アッシュ
音楽:パスカル・エステーヴ

出演
サンドリーヌ・ボネール:アンナ
ファブリス・ルキーニ:ウィリアム
ミシェル・デュショーソワ:モニエ医師
アンヌ・ブロシェ:ジャンヌ
ジルベール・メルキ:マルク
イザベル・プティ=ジャック


↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

親密すぎるうちあけ話 [DVD]
親密すぎるうちあけ話 [DVD]
ハピネット・ピクチャーズ 2006-11-24
売り上げランキング : 21711


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログパーツ

【そうだ!映画見に行こう!と思ったら、こちらからチケット予約】
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

#0218『インテリア』ウディ・アレン監督 1978年アメリカ


”INTERIORS” にほんブログ村 映画ブログへ

日曜の朝から、いい映画見れて幸せだ。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 11:04:11

長女レナータを演じたダイアン・キートン、次女イブ役のメアリー・ベス・ハート、母イブのジェラルディン・ペイジは良かったね。物語に溶けこんでた。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 11:01:12

難しい世界だけど、見事に映像化されてるところがすごい。冒頭のインテリアのショットからすでにすごい。この映像はさすがウディ・アレン。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:55:08

イブの世界に関係の無いパールだけが、見事に赤い衣装ってのも象徴的。世界の住人はみんなベージュとか灰色とかクロとか、そんな色の服を着てる。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:52:13

完璧にコントロールされた自分の世界を作り出し家族にもその世界に住むよう無意識に強要した。でも、イブの心は創造主であるにはあまりに人間的すぎて、独りよがりで、弱くて。家族をずっと苦しめてきたのはそのギャップ。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:50:37

長女レナータは、芸術的才能故に母イブに愛された。。でも、レナータが詩人として大成しているように見えないのはなぜ?もしかすると、完璧な美しい世界を作り出していたイブの鑑識眼はひとりよがりだったってこと?。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:42:34

多分、母親イブが娘ジョーイをうとんじたのは、ジョーイが父から愛されてたからだな。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:39:16

さらに難しいのは、その冷たい世界を作ってる本人が人の愛を強く求めてるから。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:37:27

ん?中に入る?中に入れない?ウディ・アレンのつくるイブの世界の中に入ってみたら、だれにも真に思い入れ出来ない冷たい世界だった。。そういうことか。むつかしいな。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:36:21

ということは、俺はイブの世界を、外からじゃなくて中にはいって疑似体験してたわけだ。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:33:31

その冷たい感じって、母親のイヴが作り出していた世界と多分同じ。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:32:09

ウディ・アレンがこの家族のストーリーをすごく冷徹に撮ってて、それがそのまま伝染してるのかもしれないな。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:31:07

あまりに整然として冷たい映像の構成だからか?。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:28:45

なんでだろう、一人ひとりの葛藤も悩みも渦巻いて息苦しいくらいなのに。中に入れない。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:27:18

登場人物の誰とも均等に距離をおいてしまう映画だな。。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 10:26:02

才能を毒舌で消費してる。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 09:21:52

人と繋がりたいがために口を出し、相手のために良かれと信じて命令する。そして孤立する。母の人格を紹介する冒頭部分は戦慄もの。【インテリア】 http://amzn.to/dgsigp #eiga
posted at 08:54:02

<スタッフ&キャスト>
監督:ウディ・アレン
製作:ロバート・グリーンハット, チャールズ・H・ジョフィ
脚本:ウディ・アレン
撮影:ゴードン・ウィリス

ダイアン・キートン:レナータ
ジェラルディン・ペイジ:イブ
E・G・マーシャル:アーサー
クリスティン・グリフィス:フリン
モーリン・ステイプルトン:パール
サム・ウォーターストン:マイク
メアリー・ベス・ハート:ジョーイ
リチャード・ジョーダン:フレデリック

インテリア [DVD]インテリア [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-04-25
売り上げランキング : 58434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

【そうだ!映画見に行こう!と思ったら、こちらからチケット予約】
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。