スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0036『バルカン超特急』アルフレッド・ヒッチコック監督 1938年イギリス

バルカン超特急
”THE LADY VANISHES”にほんブログ村 映画ブログへ

監督: アルフレッド・ヒッチコック
製作: エドワード・ブラック
原作: エセル・リナ・ホワイト
脚本: シドニー・ギリアット
撮影: ジャック・コックス
音楽: ルイス・レヴィ
 
出演: マーガレット・ロックウッド/マイケル・レッドグレーヴ
    ポール・ルーカス/グーギー・ウィザース
    リンデン・トラヴァース/メイ・ウィッティ

バルカンのリゾート地からロンドンに向かう特急列車のコンパートメント。乗車前に頭をぶつけたため気分がすぐれず、仮眠をとった主人公アイリス(マーガレット・ロックウッド)が目覚めると、昨晩ホテルで知り合い一緒に列車に乗ったはずの老婦人フロイが忽然と姿を消してしまう。

乗り合わせた乗客や車掌に尋ねてもだれも老婦人のことを覚えていない。一緒にお茶を飲んだはずの食堂車に残されている注文伝票も一人分だけ。でも、自分はフロイの着ていたものまで詳しく覚えているのに・・。

やがて、戻ってきた老婦人は着ているものだけが同じの全くの別人。この列車では何かとんでもないことが起きている。やがて明かされるその真相とは・・・・。

さて、自分の記憶を周囲の人間すべてに否定されてしまったら・・・。自分の記憶は本当に正しいのだろうか。ひょっとしたら自分が間違っているのだろうか。観客はアイリスの不安を体感しつつ、かたや起こっていることの裏側にはどんな真相が隠れているのだろうか、”うーんどうなってるんだよ”と思い悩んでしまいます。そして、一見平凡きわまりない映像の中に、ひょっとすると何かが潜んでいるんじゃないか、それが重大な鍵になっているんじゃないか、と目を見開きながら映像を凝視することになります。

  ・繰り返されるセレナーデの調べ
  ・オートミール色のツイードジャケットと青いリボン
  ・笑顔を絶やさないイタリア人の夫とにこりとも笑わないその妻
  ・人目を避ける不倫の弁護士
  ・クリケットに夢中のイギリス紳士
  ・メキシコで人気のハリマン・ハーブティの包み紙
  ・包帯でぐるぐる巻きの重症患者と脳外科の権威
  ・ハイヒールを履いた尼僧
  ・少し大きなブランデーグラス
  ・角砂糖、警笛、窓に指で書いた名前・・・・


すべての鍵が、絶妙に配置され、これぞサスペンス!これぞヒッチコック映画!90フィートというから27メートル、学校のプールくらいのセットですべての列車内のシーンは撮られたそうです。そこで後のヒッチコック映画でも頻繁に使われたキーアイテムのクローズアップ手法など数々の実験が行われました。

しかし、1938年と言えば70年近く前の映画です。なのに、プロットの秀逸さをとっても、サスペンスのワクワク感をとっても、最近の映画に勝るとも劣りません。ヒッチコック映画の中でもすぐれた一本といえます。★★★★★

※この記事は、オールド・ムービー・パラダイスよりの修正転載しました。

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

バルカン超特急(1938) - goo 映画
バルカン超特急@映画生活
バルカン超特急
バルカン超特急シドニー・ギリアット アルフレッド・ヒッチコック マーガレット・ロックウッド

GPミュージアムソフト 2005-01-25
売り上げランキング : 119468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ページランキング
ブログパーツ

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ヒッチコック

グリーンベイさん、こんばんは。ヒッチコック作品は”オールド・ムービー・パラダイス!”時代に一度特集したことがあって、35~6本くらいの記事をアップしてます。順次こちらに転載して、ヒッチコック特集として取りまとめたいと思っています。
『バルカン超特急』は、古い映画を見始めて間もない頃に鑑賞して、ものすごく古い映像に驚いたんですが、すぐに作品に引き込まれてしまいました。この時代の作品だと『三十九夜』の熱烈なファンの方が多いんじゃないかと思いますが、私はこちらの方がお気に入りなのです。最近『フライトプラン』などもありましたが、やはりヒッチコック作品の境地には至らないようですね。
マーガレット・ロックウッドで印象に残っているのは意外や冒頭のホテルに登場するシーンで、元気の良いお嬢さんぶりが良かったです。

「バルカン超特急」(38)・・・。

 FROSTさん・・・今日は。
うーーーん。ヒチコック作品のトーキー以後の作品は,殆どVHS・LD・DVD化され、お茶の間に届いているから映画フアンには最も親しみの在る監督の一人ですね・・・。
彼の作品の人気は・・・何れも彼ならではの面白さがあるからでしょう。予想もしないトリックが隠されており・・・最後までドキドキ・ワクワクするミステリアスな雰囲気を観客は期待できるからである・・・。
この「バルカン超特急」(38)も然りである。彼の作品の中でこの映画は五指に入る作品であると・・・偉い先生諸氏も太鼓判を押している・・・。(笑)
 彼の作品には必ず、清楚で知的な美人女優が出てくる・・・例えばジョーン・フオンテイン嬢、イングリット・バーグマン嬢、キム・ノバック嬢、ゲレイス・ケリー嬢・・そしてテッピイ・ヘドレン嬢・・・この「バルカン・・・」ではマーガレット・ロックウッド嬢の起用ですが、彼女も中々チャーミングな女優さんですね・・・。某サイトでクラシック女優フアンさんなる方が「忘れられた銀幕の美女たち」と云う部屋を運営されていて・・・その中でこのM・ロックウッド嬢をメジャーにはなりきれなかったが・・・強く印象に残る女優さんだと推奨されていた事を思い出している・・・。
<しかし、1938年と云えば70年前の作品です。なのにプロットの秀逸さをとってもサスペンスのワクワク感をとっても最近の映画に勝るとも劣りません>・・・拍手です!!!。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。