スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッディ・アレンがオペラ監督に

【ウッディ・アレンがオペラ監督に(AFP BB News (6/22)より】

先日、バルセロナの大学から名誉博士号授与のニュースがあったウディ・アレンですが、今度はオペラの演出をするという話題です。記事によると、プッチーニの一幕オペラを三部作で上演するうちの一つをアレン監督が演出するということです。他にウィリアム・フリードキンの名前も見えますね。

で、目がとまったのが

>これまで多くの映画監督をオペラに誘ってきました

という、プラシド・ドミンゴ氏の言葉。ジョン・シュレシンジャーの名前が挙がっていますが、他にもかなり多くの監督がオペラの演出を手がけているらしい。そこで少し調べてみました。

今回ウディ・アレン監督が演出を行うのはロサンゼルス・オペラにおいてですが、前出のプラシド・ドミンゴはその設立に深く関わっており、現在は総裁の地位にあります。ハリウッドと同じLAということもあり、オペラの観客層を増やすため、映画監督のオペラ演出をに向けてかなり積極的に働きかけているとのこと。

映画監督のオペラ演出の歴史は1950年のジョセフ・L・マンキーウィッツ監督までさかのぼることが出来るそうです。オペラの名作『ラ・ボエーム』の演出に新しい映画の手法を取り入れ、オペラに動きをくわえたのだとか。その他にも、これまで数多くの監督がオペラを手がけており、ざっと見ただけでもマキシミリアン・シェルやジョセフ・ロージー、ヴェルナー・ヘルツォーク、アトム・エゴヤン、チャン・イーモウなどなど。フランシス・フォード・コッポラやロバート・アルトマンも。日本人も吉田喜重の名前などがあります。

ウディ・アレン監督にはドミンゴ氏からかなり熱烈なラブコールがあったようですが、きっとアレン流の斬新な演出を見せてくれるでしょうね。オペラファンにウディ・アレンの実力をじっくりと見ていただきたいところです。

【参考にさせていただいたサイト】
keyakiのメモ、メモ... ”映画監督とオペラの演出:一覧表 [オペラの演出]  ”
HOLLEYWOODやぶにらみ ”映画監督オペラの世界へ”

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

ヴィスコンティ!

マリア・カラスも演出してましたか。あの豪華絢爛ぶり。生まれはものを言いますねぇ。

ここで忘れてはならないのが、ルキノ・ヴィスコンティ監督ですね。
なんと言っても「世紀の歌姫」マリア・カラスも演出しています。
さすが貴族様だわ~…。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。