スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0062『趣味の問題』ベルナール・ラップ監督 2000年フランス

趣味の問題
”UNE AFFAIRE DE GOUT”にほんブログ村 映画ブログへ

監督:ベルナール・ラップ
原作:フィリップ・バラン
脚本:ベルナール・ラップ/ジル・トーラン
撮影:ジェラール・ド・バティスタ
美術:フランソワ・コメ
衣装:マルティーヌ・ラバン
音楽:ジャン=フィリップ・グード
出演:ジャン=ピエール・ロリ/ベルナール・ジロドー
    フロランス・トマサン/シャルル・ベルリング
    アルチュス・ドゥ・パンゲルン/ジャン=ピエール・レオ

ネタバレです。

フランスコニャック国際ミステリー映画祭グランプリ批評家賞(2000年)というのを獲得したらしい。その影響なのか、サスペンスとして売られているようだ。しかし、この映画はサスペンス映画ではない。

鋭い味覚を持つ青年ニコラ(ジャン・ピエール・ロリ)は、バイト先のレストランで化粧品会社の経営者フレデリック(ベルナール・ジロドー)と出会う。初登場シーンのジロドーは、ニコラを見つめる猛禽類のような目がものすごく印象的。ここから二人の運命は破滅に向かって突き進み始める。

フレデリックに気に入られて彼の”味見役”となったニコラ。若者5人で共同生活する貧乏な境遇から一転、豪華なアパートに住み、高価なスーツを着て、常にフレデリックと行動を共にするようになる。

フレデリックは、ニコラに彼と同じ食べ物の好みを持たせようとする。研修と称してニコラを隔離し、数日にわたる絶食の後に嘔吐剤を混ぜた魚介類をたらふく食べさせる。強烈な嘔吐に襲われたニコラは、フレデリックと同じように魚介類が食べられなくなる。

フレデリックはニコラにさらなる”同調”を求める。すべてにおいて自分と同じ感じ方を求めるフレデリック。ニコラもときに反発しながらもフレデリックの魅力に惹かれ、彼の要求に応えようとする。求めるフレデリックにも、応えるニコラにも徐々に狂気がにじみ始める。

こう書くとサスペンスぽいのは確かだが、この作品の本質はサスペンスではない。この映画は純愛物語なのだ。ただし、その愛は極めていびつである。

男同士の愛だからいびつなのではない。フレデリックの毛ほどの妥協もなく”完全なる同調”を求める愛の姿がいびつなのである。

同じ人間ではないのだから”完全なる同調”など絶対にありえない。この世の中に同じ感性を持つ人間は二人いない。フレデリックもそれはわかっていたはずで、だからこそ彼は結婚もせず恋人もおらず仕事だけに心を向けてその才能を発揮してきた。

しかし、フレデリックはニコラと出会ってしまったのだ。一番悲劇的なのは、ニコラがフレデリックの際限のない要求に応えることのできる鋭敏な感性を持っていたことだ。

鋭い剃刀の刃を渡るような、ほんのわずかな”ぶれ”も許されないフレデリックの愛の対象となったニコラ。彼もまたフレデリックを愛し始める。しかし、二人が別の人間である限り、やはりこの愛は成就しえないのだ。彼らが本気で愛し合うほど、わずかな”ぶれ”は必ず起きる。そして、やはりフレデリックにはそれが我慢できない。

この世では絶対に成就し得ない愛を求めたフレデリックと、絶対に不可能なのにそれに応えようとしたニコラ。やつれ果てた二人が再会するシーンは壮絶である。こんな究極のいびつな愛に残された道なんてひとつしかないではないか。バスタブにつかったフレデリックの微笑みはついに求めた愛を手に入れることができる幸せな男の微笑みであったのだ。★★★★☆

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ


ブログパーツ


テーマ : オススメの映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

豆酢さん、書き忘れてました

『デストラップ』の件、不思議でしょ。うちのラインアップからしてどうしてもこの作品に集中するとは思えないんですけどねぇ。一人の方が何十回もアクセスしたのか・・(しかし、検索は複数からかかってるし)。謎ですよ・笑。

おお、豆酢さんも

観てましたか・喜。ベルナール・ラップは好きなんですよ。二本しか作品がありませんが。大ファンのテレンス・スタンプが出演している『私家版』も捨て難いのですが、ことラップに関する限りはこちらに軍配が上がります。
フレデリックの孤独・・・確かにそうでしょうね。彼は、ニコラに出会うまではその孤独を承知して受け入れていたと思うんですよ。それだけに、徐々に壊れていく二人の風情が良いんです。なんか私ももう一度観たくなってきたぞ。
『私家版』もお勧めです。ぜひどうぞ^^

ああ…

これは…不可能な愛の物語ですね(涙)。

以前見た感触では、クローネンバーグの「戦慄の絆」などを連想します。
愛の対象に自分と全く同じであることを要求するだなんて、フレデリックの孤独はきっと底なしであったのでしょうね。
ラストに至っては、もうああなるしかないという結末。救いようのない物語の中で、唯一解放されるシーンだと思いました。
うーん、もう一度観てみたいなあ。

ところで、←アクセスランキングを拝見していますが、ホントに「デストラップ」が飛び抜けてますね!どうして!うちの方はごく普通のアクセス数でしたが…。これの方がサスペンスです(笑)。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。