スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0074『キャラバン』エリック・ヴァリ監督 2000年フランス他

キャラバン
”HIMALAYA - L'ENFANCE D'UN CHEF”にほんブログ村 映画ブログへ

監督:エリック・ヴァリ
製作:クリストフ・バラティエ/ジャック・ペラン
脚本:ナタリー・アズーレ/オリヴィエ・デイザ/ルイ・ガルデル/ジャン=クロード・ギルボー
撮影:エリック・ギシャール/ジャン=ポール・ムリス
音楽:ブリュノ・クーレ
出演:ツェリン・ロンドゥップ/カルマ・ワンギャル
    グルゴン・キャップ/カルマ・デンジン・ニマ・ラマ
    ラクパ・ツァムチョエ

ネタバレです

オープニングを観たとたんに”映画は映像の力だなぁ”と、改めてつくづくと感じる作品。エリック・ヴァリ監督は、もともと写真家だそうである。インタビューで”映画と写真の共通点は?”と聞かれて、”フレーミングと色と光”と答えている。

ヒマラヤの麓の村ドルポでオールロケされたこの作品は、特撮技術を一切使わず、出演者もほとんど現地の住民が実際と同じ役柄で出演している。村人たちは今でも映画と同じく毎年キャラバン遠征しており、そういう意味ではドキュメンタリーに近い映画と言える。エリック・ヴァリ監督は、写真家として訪れたこの村に魅せられ、長年その土地と人に触れる中からこの映画を作り出した。

ヒマラヤの大自然の描写は素晴らしい。写真家の感性で映し出される映像は、息を呑むような壮大な構図。土地の赤、夜の藍色、雪の白に水の青など色の切り替えも昼と夜の明暗の切り替えも芸術的な美しさである。

ただ、この映画から感じる”映像の力”は単に自然描写の美しさだけではない。近代文明の及ばないこの僻地で、ドルポの人たちは厳しい自然を相手にして生を営んでいる。雄大な自然とその中で繰り広げられる泥臭い人間のドラマ。この二つを素晴らしい感性で映像化して見せてくれているのがこの作品の見所である。

この作品を見て”自然の偉大さと人間の小ささ”ととらえるのも何か違うような気がする。彼らは、実にたくみに大自然と折り合いをつけて自分たちが生き抜く術を身に着けているからだ。

しかし、このような素朴な社会でもやはり問題が起きるのが人間の悲しさ。息子の死をめぐって、族長ティンレと若きリーダーカルマの間には大きな溝ができてしまっている。冬が来る前にキャラバンを組み、塩と麦を交換しなければ村人たちは生きていくことができない。それなのに、私的な確執を抱えたまま二人のリーダーはキャラバンをめぐって対立。カルマはティンレが決めた出発の日を無視し、村の若者を従えて出発してしまう。これは、彼らにとっては昔から村に伝わるしきたりを無視する重大な違反行為なのである。

もうとっくの昔にキャラバンは引退した長老たちや、僧院で修行していた次男、まだ小さな孫たちを連れて、あくまで決まりどおりに出発するティンレ。遠征に不慣れな一行を叱咤してカルマに追いつくべくしゃにむに先を急ぐ。あまりに過酷なティンレのやり方に戸惑い、次第に反発していく長老たち。それでもティンレは頑なにカルマに追いつこうとする。そのためにティンレが最後の手段の近道として選択する湖畔の絶壁”悪魔の道”。人一人がやっと通れる細い道を、ヤクたちが連なって登っていく映像は特撮でもこれだけ撮れないだろうというくらいの迫力と美しさがある。

ティンレとカルマをめぐって真っ二つに割れてしまった村人たち。しかし、皆の力を結集しなければ厳しい自然の中で生き抜いていくことはできない。そして、その解決もやはり自然の中にあった。キャラバンを通して、自らの未熟さを思い知るカルマと、”すべては収まるところに収まる”ことを悟るティンレ。世代間の確執と和解の物語はなんともいえないすがすがしさを感じさせてくれる。

特撮もCGも使わず、莫大なギャラの有名俳優が登場しなくても、映画はこんなに素晴らしい体験をもたらしてくれるのだとちょっとうれしくなってしまう一本。必見です。★★★★★

ちなみに、この作品のプロデューサーは、あのあっと驚きのドキュメンタリー『WATARIDORI』を撮ったジャック・ペランですね。エリック・ヴァリへの映画テクニックの伝授もかなりあったはずですな。

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ



ブログパーツ


コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。