スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0050『サイコ』アルフレッド・ヒッチコック監督 1960年アメリカ

お越しいただきありがとうございます。

この記事は、こちらに引っ越しました。

今後とも、

”シネマぞろ★”

を、よろしくお願いします。

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイコ

サイコ (1960) ― コレクターズ・エディション [DVD]/アンソニー・パーキンス,ジャネット・リー,ヴェラ・マイルズ ¥2,625 Amazon.co.jp アメリカ 1960年 アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ヴェラ・マイルズ 監督:アルフレッド・ヒッチコック...

コメントの投稿

非公開コメント

Yamaさん、こんばんは。

やっぱり最後の医者は不自然ですね。説明的過ぎると言うのもその通りだと思いました。

本来は、ヒッチコックの狙い通り、前半でいかにもマリオンが主役のように見せて、後半に全く違う物語の真相が明らかになっていく仕掛けが本筋なのだと思うのですが、少し後半の出来に疑問を感じてしまいました。

>シャワールームでの殺害シーンを目にする観客が受ける衝撃を想像して、ヒッチはほくそ笑んでいたに違いないでしょう。
前半の物語の経過から、突然の惨殺シーンで”うっそー”と思ってしまう、この快感がなんとも言えません。

>個人的にはマリオンが消滅してしまうまでの50分間(作品トータルで1時間50分ほど)の魅力には勝てない。
同感です。作品の半分近くを費やしたこの前フリ!
シャワールームでの殺害シーンを目にする観客が受ける衝撃を想像して、ヒッチはほくそ笑んでいたに違いないでしょう。

>ノーマンに接し真相をを解説する医者の態度がどう観ても医者らしくない。名探偵を気取っているようにしか見えない
ここでのあまりにも説明的過ぎる台詞に興ざめな感じがして、この傑作で唯一気に入らないシーンだったのですが、確かにFROSTさんの仰るとおり演技が不自然ですね。興ざめと感じるのは、その辺りも関係しているのかもしれません。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。