スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0058『大脱走』ジョン・スタージェス監督 1963年アメリカ

大脱走
”THE GREAT ESCAPE”にほんブログ村 映画ブログへ

監督・製作:ジョン・スタージェス
原作:ポール・ブリックヒル
脚本:ジェームズ・クラヴェル/W・R・バーネット
撮影:ダニエル・ファップ
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:エルマー・バーンスタイン    
出演:スティーヴ・マックィーン/ジェームズ・ガーナー
    リチャード・アッテンボロー/ジェームズ・コバーン
    チャールズ・ブロンソン/デヴィッド・マッカラム
    ハンネス・メッセマー/ドナルド・プレザンス
    トム・アダムス/ジェームズ・ドナルド
    ジョン・レイトン/ゴードン・ジャクソン
    ナイジェル・ストック/アンガス・レニー
    ロバート・グラフ/ジャド・テイラー

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレですよ

もう、『大脱走』については、いまさら何にも言うことはないでしょうねぇ。★★★★★
でも、ちょっとだけいいですか・笑

エルマー・バーンスタインのテーマ曲が響いてくるだけで大興奮でしょう。脱出不可能なドイツ軍の刑務所から、なんと250人を同時脱出させようという大プロジェクト。

こういう映画は、前半で着々と準備が行われて後半で目的達成に向けて一気に集中というのがパターンですね。同じくスタージェス監督の『荒野の七人』でもそうでしたが、前半の準備段階が意外と面白い。というか、前半の準備プロセスが丹念に練りこまれているほど、後半のアクションが生きてくるということになります。クルーゾー監督の『恐怖の報酬』などもちょっと違いますが同じようなタイプと言って良いかもしれませんね。

さて、『大脱走』の前半部分は、丹念どころではありません。映画が始まってからトンネルを抜けて脱走するシーンまでなんと1時間50分以上。映画一本分の時間をかけて脱走準備を描きこみます。

トンネルキング、偽造屋、調達屋などその道のプロフェッショナルの活躍や、一糸乱れぬ連携プレーで敵の目を欺く工夫がサスペンスを引き出し、そこにマックィーン扮する脱走常習犯ヒルツのヒーロー的キャラクタが加わり、前半だけでも十分そこらの映画をしのぐ面白さを味わうことができます。

しかし、この”大脱走計画”は”大失敗”ですから後半は大変ですね。本来前半で準備に準備を重ねたプロジェクトが成功に向かって走り出すところ、この映画の場合はトンネルが短かった時点ですでに失敗決定。あとは、敗戦処理です。なので、あっちでもこっちでも志半ばで倒れていく仲間達の姿を目撃することになります。

そもそも、捕虜が脱走するのは敵軍の後方かく乱というひとつの任務ということからすると、多くの仲間達が命を賭けてその使命を果たしたということにはなります。最後に司令官が”この脱走に価値はあったか”と聞かれて、”考え方次第だ”と答えるのがむなしくて悲しい。

しかし、捕らえられ戻ってきたヒルツ(マックイーン)がわずかな会話で仲間の死を悟った後、独房で壁相手にキャッチボールをはじめるラストシーン。むなしさを乗り越えてすでに次への挑戦の意志を固めている、不屈の闘志を余韻とした幕切れはさすが名作。見事なラストシーンを見せてくれました。やっぱり何回観ても素晴らしい名作であります。

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

大脱走
大脱走ポール・ブリックヒル ジョン・スタージェス スティーブ・マックイーン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-06-17
売り上げランキング : 16698
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【Technorati Tags】
                           


ブログパーツ

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

飽きませんねぇ

ぱんだうさぎさん的NO.1ですか。もちろん、それにふさわしい名作です。昔は確か年末になるとテレビでやっていて、毎年一回観ていた覚えがあります。
無人島に一本だけ持っていくとしたら・・・・、うーむ、難しい。『大脱走』は間違いなく候補に入りますが、『荒野の七人』とか、『サウンド・オブ・ミュージック』とか、『鳥』も捨て難い・・・。決めきらんです・笑。

何度観ても

飽きないですねぇ。この映画は!
もし、無人島に一本だけDVDを持っていってよいと言われたら間違いなくこれを持っていきます。
残念ながら電気が通ってないんで観れませんが・・笑
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。