スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0086『サンセット大通り』ビリー・ワイルダー監督 1950年アメリカ

サンセット大通り
”SUNSET BOULEVARD”
にほんブログ村 映画ブログへ

監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・ブラケット
脚本:ビリー・ワイルダー/チャールズ・ブラケット/D・M・マーシュマン・Jr
撮影:ジョン・サイツ
特殊効果:ゴードン・ジェニングス
音楽:フランツ・ワックスマン
出演:グロリア・スワンソン/ウィリアム・ホールデン
   エリッヒ・フォン・シュトロハイム/ナンシー・オルソン
   フレッド・クラーク/ジャック・ウェッブ
   ヘッダ・ホッパー/バスター・キートン
   セシル・B・デミル

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレしてます

最初からショッキングなシーンで始まりますねぇ。死んだ男のナレーションでストーリーが語られるというのも面白い。ラストに向けての狂気の盛り上がりもさすが。シナリオの面白さは天下一品であります。

売れない脚本家ギリス(ウィリアム・ホールデン)が、借金取りに追われて逃げ込んだ大豪邸に暮らしているのは、サイレント時代の大女優ノーマ・デズモンド(グロリア・スワンスン)と執事マックス(フリッツ・フォン・シュトロハイム)。ノーマは、すでに世間から忘れ去られた存在ですが、今だに自分はスターだと信じ込んでいます。彼女のために復帰作のシナリオを書きはじめることになったギリス。ノーマは半ば無理やりギリスを邸宅に住まわせて仕事をさせます。徐々に彼女はギリスを愛しはじめ、仕事だけではなくギリスの私生活にまで干渉をはじめ、二人の関係は悲劇に向かいます。

売れなくなった大女優の妄想というと、ベティ・デイビスの怪演がすさまじかった『何がジェーンに起こったか?』を思い出しますが、本作のグロリア・スワンスンも負けていませんね。スワンスン自身トーキー化の波にうまく乗り切れなかったらしく16年ぶりの映画出演。実像と役柄がオーバーラップするため、ノーマがチャップリンの真似などをする場面などおかしいけど笑えない。リアリティというんですかね、観るにも心構えが要ります。

他にも、彼女のカード仲間がみんなサイレント時代の老俳優たちだったり(バスター・キートンが出てますよ)、ノーマとギリスがホームシアターで観る映画が、グロリア・スワンスン全盛のころの映画『Queen Kelly』だったり(監督は共演のシュトロハイム)。ワイルダー監督は、ちょっと残酷なほどに”過去の栄光”を盛り込んでいきます。

妄想に取り付かれた人間が破滅を迎える物語では、主人公がはっきりと狂気に陥る瞬間の描写に興味があります。『何がジェーンに起こったか?』では、ピアノマンを雇って少女時代の大ヒット曲を歌い踊る醜くすぎるジェーンの姿が、完全な狂気を見せた瞬間でした。恍惚とした彼女の表情と、ピアノマンの狂人を見る冷たい目のコントラストが本当に怖かったですよ。まだ観ていない人はぜひ一度。去年公開された『蝋人形の館』にもこのシーンが登場したらしいので、それで見た方もいらっしゃると思いますが。

本作の場合、ノーマが完全に狂気を見せるのは映画もほとんどラスト近くですかね。取り囲む警察にも気づかず映画出演のためのメークに執着する姿が痛々しい。もっと早い段階かなと思っていたのですが、ノーマに仕えるマックスの献身的奉仕のため、彼女が完全に狂ってしまっているのか、単に思い込みとプライドが激しいだけなのかわからないんですよね。何回か見直せば、「ああここだな」というポイントが見つけられるかもしれませんが。

すでに狂ってしまっている彼女にマックスが一縷の望みを与えてしまうため、ノーマは完全な狂気に逃げ込むこともできず、中途半端に狂気と正気の間を漂っているのかもしれません。そう考えるとマックスのノーマに対する愛情こそが最も残酷。ノーマの狂気とマックスの狂気とが悲しく交差して、『何がジェーンに起こったか?』よりも複雑な悲劇を描き出しています。シュトロハイムの演技に脱帽。

★★★★★

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

サンセット大通り(1950) - goo 映画
サンセット大通り@映画生活


サンセット大通り スペシャル・コレクターズ・エディション
サンセット大通り スペシャル・コレクターズ・エディションビリー・ワイルダー チャールズ・ブラケット D.M.マシューマン・Jr

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-10-21
売り上げランキング : 38050
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログパーツ


テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。