スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0076『橋の上の娘』パトリス・ルコント監督 1999年フランス

橋の上の娘
”LA FILLE SUR LE PONT” にほんブログ村 映画ブログへ

監督:パトリス・ルコント
製作:クリスチャン・フェシュネール
製作総指揮:エルヴェ・トリュフォー
脚本:セルジュ・フリードマン
撮影:ジャン=マリー・ドルージュ
編集:ジョエル・アッシュ
出演:ヴァネッサ・パラディ/ダニエル・オートゥイユ
   ニコラ・ドナト/イザベル・プティ=ジャック
   ナターシャ・ソリニャック/イザベル・スパッド

フランス映画の歴史には、当然喜劇の歴史も脈々と流れており、フランス人はドタバタ喜劇が結構すきなのだそうな。当代にその流れを受け継ぐ名監督の一人がこのパトリス・ルコント。この作品は喜劇ではないが、ルコントの語り口にはやはり一種独特のおかしさがある。

すぐ男に惚れるけれどもいつも捨てられてしまうアデルに、ヴァネッサ・パラディ。橋の上から身投げしようとしていた彼女をたまたま助ける通りすがりのナイフ投げ芸人ガボールにダニエル・オートゥイユ。彼のほうも人生まったくついてない。

人生に疲れて、なんの夢も希望もない二人。ゼロとゼロは足してもゼロさ・・と思いきや、ナイフ投げとその”的”として行動しはじめたとたん万事のぼり調子となる。一人ではダメでも二人で支えあえばなんとかなるとばかりに、ナイフ投げ興行も賭け事も絶好調。しかし、ナイフを投げる度にちょっとだけかすったり、少しづつうまくいかないところが変に押さえが利いていて笑える。

ストレートに愛を語る以上に鮮やかな恋愛映画。物語の中ではキスもしない二人だが、ナイフ投げこそが二人だけの愛の行為。鉄道の廃トンネルでナイフを投げるシーンはすばらしく官能的でため息もの。真剣なまなざしでナイフを投げるオートゥイユと一本刺さるたびに身もだえるパラディ、映画における最高のラブシーンのひとつであると勝手に認定した。

主演二人の魅力にあふれる作品だが、特にドロップアウトすれすれのガボールの風情が良い。落ちぶれているのに、ちょっと粋で哲学的で。こういうキャラはやはりフランス人に限る。アメリカ人だと現実的過ぎるし、日本人ではウェットすぎる。

最近、アメリカ映画も素晴らしいストーリーのものが多いが、やはりフランス映画は一味違っておもしろい。満足でした。★★★★☆

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

橋の上の娘 橋の上の娘
ヴァネッサ・パラディ、ダニエル・オートゥイユ 他 (2004/09/10)
ショウゲート

この商品の詳細を見る


ブログパーツ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ぱんだうさぎさん、こんばんは!

マウス動かすと星屑が・・・笑。オヤジには不向きな感じですが、たまにはいいかと。
リンクしていただいてありがとうございます。最近新しい記事がなかなか書けなくてフラスト気味ですが、がんばりますのでよろしくお願いします。

micchiiさん、ごぶさたです^^

同意、ありがとうございます。良いシーンでしたねえ。”セックスをしないラブシーン”の名場面を収集しようとしているのですがなかなかありませんねぇ。『ミッドナイト・エクスプレス』の面会のシーンとか、『バッファロー’66』の最後のホテルのシーンとか・・。でもやっぱりこのナイフ投げが最高です。

模様替えですね!とても幻想的な感じでいいですね。
あっ!星が流れた!笑
「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」とは違うなんとも言えぬ厳しい愛の形がまたクセになりますね。「道」へのオマージュも感じますが、この語り口は、まさにフランス映画でした。
リンクの件ありがとうございました!
いつも興味深い映画を紹介して頂いて大変勉強になります。わたしもリンクを貼らして頂こうと思っていたのですが、
後出しになってしまいました。笑
今後ともよろしくお願いいたします。

>映画における最高のラブシーンのひとつであると勝手に認定した。

同意致します。
あれより官能的なラブシーン、思い浮かべようとしても出てきません。
ほんとにキスすらしないのに、恐るべしルコントです。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。