スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0001『ノートルダムのせむし男』ウォーレス・ワースリー監督 1923年アメリカ

THE HUNCHBACK OF NOTRE DAME

”THE HUNCHBACK OF NOTRE DAME”にほんブログ村 映画ブログへ

監督:ウォーレス・ワースリー
原作:ヴィクトル・ユーゴー
出演:ロン・チェイニー
   パッツィ・ルース・ミラー
   アーネスト・トレンス
   ノーマン・ケリー
   ブランドン・ハースト
   レイモンド・ハルトン
   チャールズ・ファレル

詳しい作品情報はこちら
    ⇒ノートルダムのせむし男(1923)(1923) - goo 映画
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレですよ

さて、ということで、川越スカラ座での第一号上映はこの『ノートルダムのせむし男』。旧ブログ”オールド・ムービー・パラダイス!”で実施中だったサイレント映画特集を引き継ぎます。

「千の顔を持つ男」と呼ばれたホラーの名優ロン・チェイニーの代表作。昔のモンスターホラーと言えば、ドラキュラ・フランケンシュタイン・狼男が御三家でしょうか(怪物くん?)。『魔人ドラキュラ』('31)でドラキュライメージを確立したのはベラ・ルゴシ。『フランケンシュタイン』('31)の怪物はボリス・カーロフ。そして『狼男』('41)は、ロン・チェイニーの息子、ロン・チェイニー Jr.が演じていました。息子は最期まで”ロン・チェイニーの息子”という域を出ることはできなかったようです。

父ロン・チェイニーは彼らより少し前の人になりますが、ベラ・ルゴシ、ボリス・カーロフとは浅からぬ因縁あり。ボリス・カーロフ若かりし頃チェイニーは何くれとなくカーロフの世話を焼き、彼のデビューを後押ししたそうです。そんなカーロフがNo.1ホラー役者の座を得るきっかけとなったのは、『魔人ドラキュラ』ですでに人気を得ていたルゴシが台詞のないフランケン役を断ったから。で、そのルゴシがドラキュラ役を獲得したのは、『魔人ドラキュラ』に出演が内定していたチェイニーが喉頭癌で急死したから。

うーん、ということは、チェイニーがもし30年代を生きていれば(亡くなったのは47歳という若さですから)、かのユニバーサル・ホラーはチェイニーを中心に回っていた可能性大ということですね。チェイニーが予定通りドラキュラを演じて、フランケンもやっていれば、カーロフ・ルゴシ・チェイニージュニアで残された狼男の取り合いしてたりして。あ、ミイラ男もあったか。などなど、ロン・チェイニーの周辺を調べてみながら勝手に想像して面白がっています。にほんブログ村 映画ブログへ

それはさておき、ロン・チェイニーはこの『ノートルダム~』でもいい演技を見せます。主人公のカシモドは見た目が極めて醜い。曲がった背中ももちろんのこと、右目が飛び出したままという顔もすごい。足を引きずりながらも身は軽く、ノートルダム寺院の外壁を軽々伝って上り下りする、その”せむし男”ぶりがまず見事。そのカシモドが、美しい盗賊の娘エスメラルダ(パッツィ・ルース・ミラー)に惚れてしまうんですね。エスメラルダは愛する人である近衛兵隊長フォーブスを刺した濡れ衣を着せられて城に捕らえられ死刑を宣告される。それを助け出そうと彼女の養父、盗賊クロパンが仲間を従えて城に押し寄せてくる。なんとそれを相手に戦うんだなあ、カシモドは。エスメラルダを守りたい一心で力の限りに。

醜さゆえに人との交流もなくて、愛されたことがないから愛し方も不器用で、要するにただ一途なんですよね。知恵がないし、何にもないんだけど、ただ彼女を守りたいだけで。盗賊クロパンはエスメラルダを助けに来てるんだから戦う必要など毛頭ないんですよ。だけど、カシモドにはわからない。ただただ助けたい。で、生き生きと闘うわけですよ。その姿がこっけいで哀しくて、切ないんですよね。無知なるが故の一途さと言うのか、それもこれもただ醜いがため。それを演じるロン・チェイニーがやっぱり凄いね。

最後にカシモドは死にます。自分を利用しエスメラルダを陥れた悪者と刺し違えます。その時カシモドが惚れて守ったエスメラルダは、駆けつけたフォーブスに助けられて抱き合っている。カシモドが死にかけていることにも気づいていない。ただ醜いがためにこの悲惨な運命か。それでも、カシモドは最後の力を振り絞ってノートルダム寺院の鐘を鳴らします。これ、エスメラルダのためですよね。鐘を鳴らして絶命するカシモドが、また、泣けるんだなぁ。ロン・チェイニーうまい。★★★★☆

⇒その他のサイレント映画はこちらから

↓↓ブログランキングに参加しています。木戸銭がわりにワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

ノートルダムのせむし男ノートルダムのせむし男
(2006/12/14)
トーマス・ミッチェル、セドリック・ハードウィック 他

商品詳細を見る

テーマ : ■■□ サイレント映画 □■■
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。