スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0151『担え銃』チャールズ・チャップリン監督 1918年アメリカ

担え銃
”SHOULDER ARMS” にほんブログ村 映画ブログへ

1918年10月に封切られたファースト・ナショナル社第三作。『犬の生活』と本作の間に、『公債(THE BONDS)』という戦時自由公債の宣伝用短編がありますが、本格的な作品としては6ヶ月ぶり。

第一次大戦最後の年に戦争を茶化した映画を撮ることに、チャップリンの周辺は危険を感じており、セシル・B・デミルなどが反対したと自伝には記されています。しかし、チャップリンはこのアイデアに夢中だったらしく、最初は三部構成の五巻もの長編として企画されていました。

軍に入隊したチャーリーは、基本の行進も満足にできず苦労するが、何とか前線に参加することができるようになった。塹壕での共同生活を経て、ついに敵塹壕の攻撃命令が下される。そこでチャーリーは、たったひとりで13人の敵兵を捕らえるという武功を立てる。その後、敵地深く潜入し、捕虜を助け、民間人の娘エドナや同僚シドニーらと大活躍、最後は敵のカイザーを生け捕りにして連合軍陣地に凱旋を果たし、軍のヒーローとして祝福される。。。と思ったら・・・。

一見して、感じたのが、もはや笑いに対するドタバタの占める割合って、半分以下になったんだなぁということでした。チャップリンの身体芸はもとより素晴しいのですが、軍隊の中で一人だけ銃のとり回しも行進もできないチャップリンの姿は、その存在のずれ自体で笑える。塹壕生活のあれこれなども、細かい個人芸はちりばめられているものの、水浸しの中で眠る兵隊たちの様子や家族からの便りに一喜一憂する姿など、悲惨な状況なんだけどおかしみがある。その辺は、前作の『犬の生活』からさらに一歩進んだんだなという感触を受けました。

今回、初めてリアルな戦争を扱った作品となったのですが、敵のドイツ軍の描き方やカイザー拉致と言うストーリーにしても、はっきりと戦意高揚の意図が読み取れます。チャップリンは、その後『チャップリンの独裁者』を撮ったことから、ナチスと戦うロシアを支援する演説を行うことになり、それがきっかけとなっていわゆる赤狩り、国外追放という道をたどるわけですが、思えばこの作品がその源だったのかもしれません。

チャップリン自身、完成した『担え銃』には非常に懐疑的だったそうで、試写を見た親友ダグラス・フェアバンクスが太鼓判を押すまで、この傑作をボツにしようか悩んでいたのだそうです。今でも『担え銃』が見れるのは、フェアバンクスが爆笑してくれたおかげと言うことですね。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン
   シドニー・チャップリン
   エドナ・パーヴィアンス


参考文献:チャールズ・チャップリン著「チャップリン自伝~栄光の日々」

チャップリン自伝-栄光の日々 (新潮文庫)

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ


■■ 【このタグに注目!】 ■■
チャールズ・チャップリン

ブログパーツ

ラヴ・チャップリン ! 短編集 コレクターズ・エディションラヴ・チャップリン ! 短編集 コレクターズ・エディション
(2004/01/23)
チャールズ・チャップリン

商品詳細を見る

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。