スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0133『4番目の男』ポール・ヴァーホーヴェン監督 1979年オランダ

DE VIERDE MAN
”DE VIERDE MAN” にほんブログ村 映画ブログへ

2006年10月に書いた記事です。以下転載文。

講演会で、美人の美容室経営者クリスティーン(レネ・ソーテンダイク)と出会った小説家ジェラルド(ジェローン・クラッペ)は、誘われるままに彼女の家に泊まる。現在、彼女にはハーマンと言う恋人がいるのだが、実は過去に3度結婚して3度とも事故で夫を亡くしていた。果たして3人の夫たちは殺されたのか。だとすると4番目の男はどっち・・・。

ポール・ヴァーホーヴェン監督のオランダ時代の傑作スリラー。作品のテイストが『氷の微笑』にそっくりですね。『氷の微笑』はこの作品のセルフリメイクであろうと思われます。

クリスティーンとジェラルドのベッドシーンでは、情熱的なセックスの影に刃物の存在。『氷の微笑』でゾクゾクとスリリングだった、表のストーリーのすぐ裏側に死と惨劇の予感を潜ませる演出を、この作品ですでに見ることができます。

最後まで観客に確たる理解を与えないところも『氷の微笑』と同様。ホモセクシャルでアル中のジェラルドは、冒頭から何度も繰り返して死のイメージを見ています。ホモの同居人を絞め殺し、投宿先のホテルのドアは血まみれで、駅では葬儀屋が出迎える幻覚。

また、彼はハーマンにも肉体的欲望を抱いており(教会のキリスト磔刑像が裸のハーマンに見えて、彼のパンツをずり下ろしたりする・・)、物語すべてがジェラルドの欲望と幻覚の産物なのではないかという推測も十分成り立つのです。

複数の解釈が可能なシナリオと、ストーリーの皮一枚下にずっと付きまとう死の恐怖をイメージさせる映像。バランスが絶妙ですが、映画全体の緻密さ・完成度では『氷の微笑』の方がやはり一枚上手に思えます。それでも佳作であることは間違いなし。

ちなみに、撮影は『スピード』のヤン・デ・ボン。オランダ時代のヴァーホーヴェン作品はほとんどヤン・デ・ボンが撮影していました。★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
製作:ロブ・ホウワー
原作:ジェラルド・リーヴ
脚本:ジェラルド・ソエトマン
撮影:ヤン・デ・ボン
音楽:ローク・ディッカー

出演:ジェローン・クラッベ/レネ・ソーテンダイク
    トム・ホフマン/ドルフ・デ・ヴリーズ
    ジールト・デ・ジョング/ハンス・ヴィールマン

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

【Technorati Tags】
               


ブログパーツ

4番目の男4番目の男
(1999/03/25)
ジェローン・クラッペ

商品詳細を見る


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ルトガー・ハウアー

Yamaさん、どうも^^
オランダ時代のヴァーホーヴェンはこれしか見たことがないのですが、ちょっと調べてみるとルトガー・ハウアーが出ていないのは、この『4番目の男』だけみたいですね。はなはだ残念だ。探して観てみようと思います。

ヴァーホーヴェンはハリウッドへ渡ってからよりも、オランダ時代の方が面白い作品を撮っていますね。特にルトガー・ハウアーとのコンビ作は、どれもぶっ飛んでいて最高です。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。