スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0193『フォロウィング』クリストファー・ノーラン監督 1998イギリス

フォロウィング
”FOLLOWING” にほんブログ村 映画ブログへ

『メメント』を見たときにはたまげましたね。いったいクリストファー・ノーランという人の頭の中はどうなっているんだろうと不思議に思ったもんです。

さて、フォロウィング(following)とは、尾行のこと。主人公のビルは人を尾行する癖があります。相手は男でも女でも誰でもよく、しばらく尾行して相手の生活がわかればその時点で尾行終了。ところがある尾行相手がビルに気づきます。その相手コッブはというと、人の人生を覗き見たいがために空き巣を重ねているという、これまた変わった人間です。

さて、この作品のストーリーはコッブと一緒に空き巣を働くようになった主人公が陰謀に巻き込まれていくと言うものですが、売り物はやはり『メメント』と同じく時間を解体して組み立てなおした見せ方でしょう。

『メメント』の場合は、前向性健忘症という数分しか記憶を保てない男を疑似体験するように時間が逆行していくというものでした。この『フォロウィング』ではそういう記憶障害のような背景はなく、通常のストーリーをばらしてランダムにつなぎあわせている感じ(当然つなぎ方に監督なりの考えがあるはずですが)。

そうすると、観ている方はまずなにが起きているのかわからないので、”とっかかり”を探そうとしますね。ぱっと目に付くとっかかりがふたつあって、一つは主人公ビルの身なりがある時点で全く変わるということ。ストーリー開始時は、むさくるしい長髪の若者と言う感じなのですが、どこかでこざっぱりしたビジネスマン風のスーツ姿に変身します。もう一つは同じくビルがめちゃくちゃに殴られていること。これも、どこかの時点で誰かに乱暴されているわけです。

この二つのとっかかりをめぐって、なぜそれが起きたんだろうと強制的に推理させられながら映画を見ることになるので、そういう意味でのサスペンスの持続性は抜群。

次第に、その原因がはっきりしてくるのですが、期待感が膨らんでいるので真相がわかった時にはやはりテンションが下がります。これは、”なぜそうなったのかわからない”ということで観る側の興味を引きつける編集になっているのだから、ある意味仕方のないことかもしれませんね。

この作品では、”ああ、なるほど、そういうことだったのか”と思った次の瞬間に一種のどんでん返しのようなことが起きるのですが、それを地味な刑事の静かな語り口で起こすところが、見せ方としてはちょっとスマートでいいなと思いました。いったん下がったテンションを巧く再満足させてラストまで持っていっていると思います。

まあ、しかし複雑な見せ方をするためにストーリーを作ったようなわざとらしさが目立つことも事実です。が、クリストファー・ノーランはこれがデビュー作ですから。事実、後の『メメント』では見事にストーリーと時間再構築を両立させており、やはり素晴らしい才能を持った監督の驚くべき処女作であることは間違いないと思います。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
Following

監督:クリストファー・ノーラン
製作:クリストファー・ノーラン/ジェレミー・セオボルド/エマ・トーマス
製作総指揮:ピーター・ブロデリック
脚本:クリストファー・ノーラン
撮影:クリストファー・ノーラン
編集:クリストファー・ノーラン
音楽:デヴィッド・ジュリアン
出演:ジェレミー・セオボルド
    アレックス・ハウ
    ルーシー・ラッセル
    ジョン・ノーラン
    ディック・ブラッドセル

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

フォロウィング

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

やはり『メメント』のほうがよくできているとは思いますよね。ラストに出てくる刑事が結構気に入ってます。『バットマン・ビギンズ』があまりにまっとうなつくりで拍子抜けしたんですが、『プレステージ』は期待してます(まだ見てない・・・)

FROSTさんの書いてた2つのヒントに気づくと分かりやすいですね。(気づくように作ってあったと思いますが・・・)「メメント」は2,3回観てようやく納得したように思います。繰り返し観る事が前提のような作り方のように感じます。これは1回で分かりましたが、後の片鱗をうかがわせる見事な作品だと思います。
応援です
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。