スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0159『真夜中まで』和田誠監督 1999年日本

真夜中まで
”真夜中まで” にほんブログ村 映画ブログへ

イラストレーターであり、デザイナーでもある和田誠監督作品。

真田広之演じるジャズ・トランペッター守山は、人生の転機となるかもしれないライブを控えている。夜中0時のライブにジャズ界の大物G.P.サリバンがやってくるのだ。認められればニューヨークデビューも夢ではないそのライブの直前、彼は殺人事件に巻き込まれてしまう。果たして守山は0時までにライブハウスに戻ることが出来るのか・・?

時間限定のサスペンスは、”イベント”と”時間経過”と”真剣味”で決まる!(決めうち!)。

”イベント”とは、タイムリミットになにが起きるのかということ。当然重大なイベントが起きるほどサスペンス度は上がる。ここでは、守山は午前0時のライブに間に合わないと人生最大かもしれないチャンスを棒に振る。「ジャズマンが、次のライブまで・・」というタイムリミットの設定はなかなかおもしろい。

二つ目の”時間経過”は見せ方が大切。主人公がタイムリミットをクリアすべく奮闘する傍らで、さりげなく、しかし、はっきりと時間経過を見せてほしい。この部分には少し不満がある。うっかり観ているとこの物語が何時から始まっているのかわからない。オープニングで”真田広之”のクレジットの背景に実は22時35分を指す時計が写っている。しかしオープンクレジットを見ている間に見逃してしまった。開始時間の見せ方がちょっと控えめすぎ。時間経過についても前半は主人公たちの会話から推し量ることが出来るくらいでやはり弱い(後半の残り時間がはっきりわかってからの展開は、逆に時間に対して出来事が多すぎ)。

時間の見せ方で良かったのはフレッド・ジンネマンの『真昼の決闘』、悪者の到着は正午。ストーリーの節々で、駅でボスを待つ子分たちのたむろする様子と時計が画面に写る。時間経過とやがて起きる決闘のすさまじさを同時に予感させる名演出だと思う。

三つ目の”真剣味”は主人公がどのくらい必死にタイムリミットをクリアしようとするかで、当然必死なほど面白い。守山は・・、ところどころ”本当に真剣にやっているのか?”と思わせるところがある。例えば、一度リンダ(ミッシェル・リー)と分かれる決心をした後、柴田理恵扮する(不気味な)ファンに迫られて逃げ出した挙句、あっさりとリンダと再び同行することにする。このあたりもうひとひねりほしかったなというのが正直なところ。

ということで時間限定サスペンスとしての構成については、まあまあというところ。いくつか不満が残るのは事実。

オープニングの長回しはおもしろい。殺人事件が起きる立体駐車場から、カメラが移動して隣のビルにあるライブハウスに移り、窓からハウス内に入って右側から演奏している真田にカメラが近づき、ぐるっと正面を横切って左後方に遠ざかり、バンド全体を捉えるまでがワンカット。メイキングで見ると、ライブハウスに入ったカメラの進路にあるイスやテーブルを急いで片付けながらカメラは近づいていく。遠ざかる時はもっと大変で、移動したカメラのフレームに入る前にイスとテーブルを人海戦術で戻し、エキストラが着席して演技を始める。このショットへの執念はすごいと思った。

また、このシーンは音楽の使い方も凝っていて、オープニングのジャズ(ラウンド・ミッドナイト)が駐車場の取引現場のBGMになり、カメラの移動とともに実は隣のライブハウスで守山が演奏しているのだということがわかる。

その他、事件解決に奔走する守山がはじめから最後までトランペットを抱えているのも笑えるし、真田広之のジャズトランペッターぶりも決まっており、全体的には割と楽しめた。★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:和田誠
脚本:和田誠
共同脚本:長谷川隆
撮影:篠田昇
美術:福澤勝広
音楽プロデューサー:立川直樹
演奏:五十嵐一生/佐山雅弘/道下和彦/小井政都志/井上功一

出演:真田広之/ミッシェル・リー/岸部一徳/國村隼
   春田純一/柄本明/高野拳磁/笹野高史
   もたいまさこ/大竹しのぶ/斎藤晴彦/高橋克美
   大森博/佐藤仁美/唐沢寿明/戸田菜穂
   柴田理恵/三谷幸喜/名古屋章/小松政夫/六平直政

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ



真夜中まで真夜中まで
(2007/12/21)
真田 広之.ミッシェル・リー.岸部 一徳

商品詳細を見る

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。