スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0148『ハンター』バズ・キューリック監督 1980年アメリカ

ハンター
”THE HUNTER” にほんブログ村 映画ブログへ

スティーブ・マックィーンの遺作となったアクション作品。

ストーリーは”パパ”と呼ばれた実在の賞金稼ぎラルフ・ソーソンの物語。保釈中に逃げ出した犯罪者を連れ戻すのが仕事で、実際のソーソンは30年間で1万人以上の逃亡犯を刑務所に送り返したらしい。

撮影されたのが1979年の9月から11月ということだから、マックィーンが50歳で癌で亡くなる1年前。日本公開は彼の死の1ヶ月後ということになった。まさに人生最後の瞬間に撮られた映画だが、20年前の『荒野の七人』の頃と変わらずマックィーンはやっぱりマックィーンである。MA-1にブルージーンズ、顔つきも体型もさほど昔と変わらない。あの青い目も同じく魅力的である。アクションも達者でそれを見ただけでなにかとてもうれしくなってしまった。

マックィーンは、上昇志向が強く,”かっこいい”ヒーローにこだわった俳優であった。『荒野の七人』ではさまざまなアドリブ演技で目立とうとしてユル・ブリンナーをはじめとする先輩俳優たちを閉口させた。『大脱走』ではシナリオが気に入らずに降板騒ぎを起こし、それがきっかけであの名キャラクター脱獄常習犯ヒルツが生まれた。そのほかにも彼のアグレッシブなエピソードは数々ある。

しかし、今回のラルフ・ソーソンはヒーローはヒーローでもずいぶん人間味豊かなヒーローである。冒頭の縦列駐車ができないところからおかしいが、ぼろぼろのレンタカーを返しに行くときのとぼけた風情や、バック・ロジャース(昔のSFテレビドラマ)のおもちゃを熱心に集めている様子など、妙に肩の力が抜けている。トラクターのカーチェイスやシカゴ地下鉄のアクションなど、ヒーローぶりも健在ながら、余裕というか遊びというかいい意味での”ゆるさ”が加わっている。

また、家に帰ると臨月の恋人がいるのだが、結婚して父親になるということに踏ん切りが付いていない様子。ラマーズ法教室に行くの行かないのともめている。自分が捕まえた犯罪者たちを我が家に集めて面倒を見ていたり(”パパ”というあだ名の謂れ)もするし、人間くさい部分もずいぶんある。

人間味豊かといっても、マックィーン演じるソーソン自身は別に熱いセリフを吐くわけでもなく、淡々と逃亡犯を捕まえている。シナリオ設定と自然な演出・演技がなにかこうほのぼのとした温かみのようなものを作り出さしている。

ラストカットはそういうソーソン/マックィーンの人間味を鮮やかに描き出して素晴らしく、マックィーン自身のファイナルカットとしてもふさわしいものだったと思う。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:バズ・キューリック
製作:モート・エンゲルバーグ
原作:クリストファー・キーン
脚本:ピーター・ハイアムズ/テッド・レートン
撮影:フレッド・J・コーネカンプ
音楽:ミシェル・ルグラン

出演:スティーヴ・マックィーン/イーライ・ウォラック
    ベン・ジョンソン/キャスリン・ハロルド
    レヴァー・バートン/リチャード・ヴェンチャー
    トレイシー・ウォルター/テディ・ウィルソン
    レイ・ビッケル/ボビー・バス

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

ハンターハンター
(2008/06/20)
スティーヴ・マックィーン.イーライ・ウォラック.キャサリン・ハロルド.レヴァー・バートン.ベン・ジョンソン

商品詳細を見る

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。