スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0087『キャリー』ブライアン・デ・パルマ監督 1976年アメリカ

キャリー
”CARRIE” にほんブログ村 映画ブログへ

ネタバレですよ

再開早々血まみれ画像ですみません。ちょっと前に観ていた『キャリー』ですが、ようやく記事アップに至りました。

本業の方は当初の予定通り二週間でプロジェクトを完了したものの、後フォローとか次ステップの提案などが結構忙しく、ブログ再開が遅くなってしまいました。おまけに、なんか書けないんだなあ。ぼちぼちとリハビリ兼ねてということでお願いします。

さて、ブライアン・デ・パルマと言う人は、実にネチネチとしたサディストだなぁと改めて実感。いじめられっこのキャリーに監督自身が全く同情していませんね。有名なシャワー室での生理の場面を初めとして、冒頭はむしろ観客に一種の不快感を抱かせるようなキャリーの描き方。狂信的な母親とのカラミで不気味さも加わります。

そこから、プロム(高校の卒業パーティ)の女王に向けて、今度はキャリーをどんどん魅力的に描きこんでいくでしょう。私なんかは、このあたりのキャリー(シシー・スペイセク)の魅力に参ってしまったクチで。昔見たときには不気味さしか印象に残っていなかったのですが、キャリーの変身ぶりにちょっと改めて驚かされてしまいました。

ところが、この魅力的なキャリーの変身ぶりは、プロムの女王として幸せの絶頂で愛しいトミー・ロス(ウィリアム・カッツ)と一緒に豚の血をぶちまけられるという、最低の笑いものになるシーンを際立たせるためのギャップだっていうんですから、デ・パルマの意地の悪さも大したもんですな。多分、デ・パルマさん、キャリーがきれいになっていくあたりのシーンは嬉々として撮ってたんじゃないかなぁ。そう思わせるくらいの入念な描き込み。

クライマックスの凄惨なシーンで、キャリーは念力を開放して見境いなく人を殺します。一番の理解者であった女体育教師が最も悲惨な死に方をします。豚の血をかぶったキャリーを見て女教師が笑い転げている画がありましたが、彼女は決して笑ってなかった。一番信頼していた先生にすら嘲笑されているように見えたほどキャリーはキレてしまった、そのキレぶりを見せるためのシーンでした。結局キャリーのやったことは復讐ですらなく、ただぶちきれて無差別殺人しただけ。

いじめられっこの女の子の自立・・なんかは当然のこと、キャリーの存在自体デ・パルマにとってはメインではなくて、実は暴走する超能力が主人公だったという。。。この映画の登場人物たちは、キャリーを含めて全員が超能力にもてあそばれて殺されるだけの役回りだったということですな。このあたりも実にサディスティック。

まあ、デ・パルマさんのサド趣味に、良いように振り回されたって感じもしますけど、なんとなく振り回された感が悪い気はしない。そのあたりがやっぱり只者ではないんでしょうねぇ。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:ポール・モナシュ
原作:スティーヴン・キング
脚本:ローレンス・D・コーエン
撮影:マリオ・トッシ
美術:ジャック・フィスク
音楽:ピノ・ドナッジオ
出演:シシー・スペイセク/パイパー・ローリー
   ウィリアム・カット/ジョン・トラヴォルタ
   エイミー・アーヴィング
   ナンシー・アレン/ベティ・バックリー
   P・J・ソールズ/シドニー・ラシック
   プリシラ・ポインター


最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ



【Technorati Tags】
 

ブログパーツ

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

つのきちさん

膨らみますね・・・・妄想・笑

えぇー!そうなんですね。
ナンシー・アレンのレイア姫が一番、妄想いや想像がひろがりますね!

つのきちさん、どうも^^

若手俳優さんといえば、この映画のオーディションは、ジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ』のオーディションと合同だったそうですね。シシー・スペイセクはキャリー一本だったそうですが、ひょっとしたらナンシー・アレンのレイア姫とか、ウィリアム・カットのルークが実現していたかもしれないと思うと結構楽しい・笑

カカトさん、こんばんは^^

お返事遅くなってしまいました。すみません。パイパー・ローリーはすさまじかったですね。かなりのブランク明けの出演だったようですが、まさに圧巻。怖かった~。最後の墓場のシーンは、本当にシシー・スペイセクが地面に埋まって(軽石ですけど)撮ったらしいですよ。女優魂ですね。

最後驚いた!

デパルマ大好きつのきちです。
この映画、原作はスティーブン・キングですよね。
デパルマはこれで、随分メジャーになったと思います。

それにしても、監督の目線、性格からの分析、唸らせられました!
「殺しのドレス」では、かみさんのナンシー・アレンを結構いたぶりますし・・・。

最後のシーンは、中学校でも超話題!
当時の映画のびっくりシーンとしては、ベスト1では。

トラボルタ、ナンシーアレン、ウィリアム・カットらもこの青春?映画から、ステップアップしていきました。
また観直したくなりました。

お久しぶりです

この映画、中学生のときに観てトラウマです。
映像の怖さよりも、母親が怖くて怯えて観てました。
お墓のシーンは「ギャ!」と声が出るほど驚きましたしね・・。それ以来封印してます・笑

「歌え!ロレッタ愛のために」の彼女とはまるで別人。
すごい女優さんですね。

早々のコメントありがとうございます。

キャリー、きれいでしたよね。この映画3回は見ているはずなんですが、今まで気づかなかったのはどうしてかと・・不思議。
シシー・スペイセク本人は、キャリーのキャラとは全く違って非常にハキハキした活動的な女性のようですね。特典映像の本人も魅力的でした。

ゆっくり映画を見る時間も取れるようになってきたので、新記事中心でいこうと思います。また改めてよろしくお願いします^^

再開お待ちしておりました

FROSTさん、こんばんは。

>このあたりのキャリー(シシー・スペイセク)の魅力に参ってしまったクチで
僕もそうなんです。
『地獄の逃避行』や『歌え!ロレッタ愛のために』の彼女も実にキュートです。

>なんとなく振り回された感が悪い気はしない。
デ・パルマが輝いていた頃は、そうなんですよね。
不思議と後味の悪さがないんです。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。