スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0181『舞台恐怖症』アルフレッド・ヒッチコック監督 1950年/アメリカ

舞台恐怖症
”STAGE FRIGHT” にほんブログ村 映画ブログへ

夫を殺してしまったシャーロット(ディートリッヒ)は恋人のクーパー(リチャード・トッド)に助けを求める。彼女のために、ドレスをとりに行ったクーパーは現場を偽装している最中たまたま戻ったメイドに見つかり逃亡。殺人犯として警察に追われることになる。クーパーを匿う友人のイヴ(ジェーン・ワイマン)と父親は何とかクーパーの濡れ衣を晴らそうとシャーロットに接近するのだが・・・。

1950年にヒッチコックがイギリスで撮影したイギリス的推理ドラマ。トリュフォーには「ヒッチコックのキャリアの汚点」とまで酷評されてます(by「定本・映画術」)ヒッチコックも否定していません。理由は、ヒッチコックが最も嫌う”フーダニット(犯人探し)”の形式をとっていることと、悪役が全くなっていないということ。それともうひとつが冒頭のクーパーの回想シーンに関してですが、これは書くと本作を見る価値がなくなるくらい完全にネタバレしますので伏せておきます。

ということであまり評判のよろしくない作品ですが、個人的にはこの映画結構楽しめました。役者志望のイヴはメイドに化けてシャーロットに近づくわけですが、平行してクーパーを追う刑事スミスとも近しい関係になります。クーパーを追ってシャーロットの元を訪れたスミスに対して、ドリスになりすましているイヴが間一髪で正体を隠しおおせるくだりや、ラストシーンの劇場のオーケストラピットの暗闇で真相が明らかになっていくシーンではイヴとクーパーの目と手のクローズアップが劇的に真相と絡み合っており、ヒッチコック作品として十分見ごたえのあるつくりだったと思います。

私としては、この作品で一番楽しみにしていたのはマレーネ・ディートリッヒ。1901年生まれですからこの作品のときはすでに49歳で孫もいたんですよね。しかしとてもそんな年齢には見えない美しさにはただただ唖然。堂々たる悪女ぶりに拍手喝采です。クローズアップ、全身ショット、歌うシーンも複数有りヒッチコックとしてもかなり気を使って演出をしたのかと感じさせます。定本・映画術にはディートリッヒに関するコメントはないようですが、ヒッチコックが彼女をどう見ていたのか知りたいですねぇ。残念。
★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:セルウィン・ジェプソン
脚本:ウィットフィールド・クック
撮影:ウィルキー・クーパー
音楽:レイトン・ルーカス

出演:マレーネ・ディートリッヒ/ジェーン・ワイマン
   リチャード・トッド/アリステア・シム
   ケイ・ウォルシュ/パトリシア・ヒッチコック
   アンドレ・モレル

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

舞台恐怖症舞台恐怖症
(2006/12/14)
パトリシア・ヒッチコックアリステア・シレ

商品詳細を見る

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。私もこの映画、結構気に入りました。
ああいうどんでん返し(?)が、逆にヒッチコックにしては
新鮮で、楽しめました。
こういう作品も好きです。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。