スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0200『ダイヤルMを廻せ!』アルフレッド・ヒッチコック監督 1954年アメリカ

ダイヤルMを廻せ
”DIAL M FOR MURDER” にほんブログ村 映画ブログへ

実は。。。2005年10月9日に映画ブログをはじめて、最初に書いた記事がこの『ダイヤルMを廻せ!』しかも、鑑賞後しばらく時間がたっていたため内容もあまり覚えていなかったという始末。

序盤のあらすじと、なんだかさっぱりわけがわからないけど「さすがヒッチコック!」に帰結する中盤と、一生懸命本を調べた後半の、その三段構成がスリリングですらありますね。

一応以前のブログの文章はこちらに全部移行するという方針ですので、そのまま掲載させていただきます。あー、はずかし。


以下、転載文


ずっずっと緊張感が高まっていく感じがたまりません。

引退したテニス選手の夫と離婚ぎりぎりの妻。妻には今も想いをつなぐ愛人がいる。差し向かいのテーブル、妻は著名な推理作家である愛人の帰国記事を新聞上に見つけ、上目づかいに夫をうかがう。冒頭、なんの状況説明なくともこの一瞬の上目遣いでもう緊張感がぐっと、こう。いいです。絶妙。わくわくしますね。

妻の不倫について何も知らないのかと思われた夫が実は・・・、用意周到な陰謀が!絶体絶命!大どんでん返し! ラストはすっきりと、こうサスペンスフルなストーリー展開。さすがヒッチコック!

ところがどうも、ヒッチコック自身はこの作品にあまり思い入れががなかったらしいですね。ワーナーとの契約でどうしても最後の一本を撮らなければいけないというのに、見込んだ脚本はボツ。たまたま手近にあった舞台ヒット作の映画化に乗って、わずか1ヶ月で撮り終えた映画が本作。そういえばセットもほとんどひとつだし。でも、それだけに余計ヒッチコックのすごさがわかる佳作中の佳作。満足しました◎ グレース・ケリーも◎★★★★☆

■■ 【このタグに注目!】 ■■
アルフレッド・ヒッチコック

<スタッフ&キャスト>
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:フレデリック・ノット
脚本:フレデリック・ノット
撮影:ロバート・バークス
音楽:ディミトリ・ティオムキン 
出演:レイ・ミランド/グレース・ケリー
   ロバート・カミングス/アンソニー・ドーソン
   ジョン・ウィリアムズ

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

ダイヤルMを廻せ! 特別版ダイヤルMを廻せ! 特別版
(2008/04/11)
レイ・ミランド

商品詳細を見る

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。