スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0208『西部開拓史』ヘンリー・ハサウェイ他監督 1962年アメリカ

西部開拓史
”HOW THE WEST WAS WON” にほんブログ村 映画ブログへ


1830年代、アメリカ東部の農民ゼブロン(カール・マルデン)の一家は、西部を目指すが筏で川を下る途中で激流に飲み込まれてゼブロンと妻は死亡。残されたイーブ(キャロル・ベイカー)とリリス(デビー・レイノルズ)の姉妹はそれぞれのやり方で西部を生き抜いていく。1830年代から80年代にかけての50年間を壮絶に生きたプレストン家の三代に渡る人間ドラマ。

なんといっても、一番の見所は「シネラマ」映像。この技術を見せるための映画かなと、正直そう感じました。35mmカメラ3台を使って同時撮影、半円形に湾曲した映像に交差投影するという大掛かりな撮影方式で、映像だけでなく音声も7チャンネルで録音。観客はその場面の中にいるような興奮が味わえるというもの。仕掛けが大掛かりゆえに 10年ほどしか使われなかったということです。

私の自宅でDVDを観る分には大きくても32インチTV画面がせいぜいなのですが、それでもやはり迫力満点。西部の山並み、草原などのランドスケープはもとより、失踪する馬車、水牛の暴走、激流など横方向の移動映像が見事です。南北戦争のシーンで画面の左奥から右手前にかけて順に大砲が火を噴くシーンは本当に大画面で観たいと思いました。

ストーリーがあまりに壮大で2時間40 分を超える長尺であるにもかかわらず収まりきっていない感じがしますね。オムニバス形式で24人のスターが入れ替わり登場しますが、全体の印象としてはかなり忙しい。全体を一本の映画としてみようとするとストレスがあるかもしれません。また、いわゆるガンマン対決のようなアクション系西部劇を期待すると少し期待が外れるかもしれませんね(最後の列車での対決はそれなりに迫力ありますけどね)

ただし、これを題名どおり西部開拓の歴史を垣間見る映像集としてみると実に興味津々。西部の町が発展していく様子や、鉄道敷設競争、インディアンとの攻防、人々の民度の向上など、150年前にアメリカで繰り広げられていた歴史をまさに実感することができます。

また、5つのストーリーを通して登場するリリス役のデビー・レイノルズが要所要所ですばらしい歌声を披露しておりミュージカル的な楽しさも味わうことが出来ます。

ストーリーのひとつにグレゴリー・ペックが出てますね。で金目当てにリリスに近づき、紆余曲折を経て真の愛に目覚めるばくち打ち兼詐欺師という役柄ですが、やっぱりこういう役のほうが生き生きして見えます。
あとは、どうでもいい事ですがシネラマの3つのスクリーンの継ぎ目が気になります・笑★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ヘンリー・ハサウェイ/ジョン・フォード/ジョージ・マーシャル
製作:バーナード・スミス
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ/ミルトン・クラスナー/チャールズ・ラング・Jr/ジョセフ・ラシェル
作曲:アルフレッド・ニューマン/ケン・ダービー
 
出演:カール・マルデン/キャロル・ベイカー/ジェームズ・スチュワート
   ジョン・ウェイン/デビー・レイノルズ/グレゴリー・ペック
   ジョージ・ペパード/リチャード・ウィドマーク/ヘンリー・フォンダ
   キャロリン・ジョーンズ/アグネス・ムーアヘッド/セルマ・リッター
   クロード・エイキンス/ウォルター・ブレナン/リー・J・コッブ
   アンディ・ディヴァイン/ハリー・ディーン・スタントン

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

西部開拓史 特別版西部開拓史 特別版
(2008/01/25)
ヘンリー・フォンダ

商品詳細を見る

テーマ : クラシック映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。