スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0212『ヴィデオドローム』監督 1982年アメリカ


”VIDEODROME” 
にほんブログ村 映画ブログへ

エログロ零細ケーブルテレビの社長マックス・レン(ジェームズ・ウッズ)が、視聴率を稼ぐために過激な映像を追い求め、ついにたどり着いたのが”ヴィデオドローム”。いわゆるスナッフフィルム(実際の殺人行為を移したフィルム)であるらしい。自局の番組として取り込むべく、ヴィデオドロームを探るうち、徐々にマックスは幻覚を見るようになっていく。

き・も・ち・わ・る~。
いつ観ても、このあたりのクローネンバーグ作品は気持ち悪い。ディープなファンは、この気持ち悪さがたまらなかったりするんでしょうか。わからなくもないけど。映像的気持ち悪さ加減は、8分20秒の特盛YouTubeを載せときましたのでそちらでご確認くださいませ。

後半に画面にあふれる内臓感覚もさることながら、なんというのか、その、”ビデオ”っていうのがいやですねぇ。”映像”には、時に大きな影響力があって、ある人が人生のあるタイミングである映像を見たために、その後の生き方を大きく変えたりすることもあるでしょう。また、ある映像が同時にたくさんの人々にたまらないほどの不快感を与えたりすることもあるかもしれません。

マックスに幻覚を見せるのは、”ヴィデオドローム”っていう映像なんだけど、マックスの変容には”ビデオ”が大きくか関わってるわけで。。映像が精神に影響を与えるっていう、わかり易い範囲から思いっきりはみ出してるし。不快なんですよねぇ。映像で洗脳されるっていう精神的な話だったら、その内容がスナッフだろうがなんだろうが、こんな気持ち悪さは多分感じないんでしょう。でも、同時にそれがビデオカセットって安っぽい形になって、脈打って、腹にできた穴にジュボジュボと挿入されて。。。映像を見たことによってできた脳腫瘍による幻覚。考えてみればその発想だけでもうすごいんだけど、それを具体的な形として見せちゃって、もう精神的なもんも肉体的なもんも、まぜこぜでぐっちゃぐちゃ。。おまけに生の肉と無機質な物体の気色悪い合体感覚。やっぱり気持ち悪いわ。

今日久しぶりに『ヴィデオドローム』を観たのは、実はこんな記事を見かけたからです。

クローネンバーグ代表作をリメイク 『ヴィデオドローム』がSFアクション大作に 
~ヴァラエティ・ジャパン 2009/4/29


監督はまだ決まってないのかな?脚本はアーレン・クルーガーで、この人の書いた『レインディア・ゲーム』は映画館で見た覚えあり。最新作では、『トランスフォーマー/リベンジ』も書いてますね、その他『ブラザーズ・グリム』とか。

がんばっていい作品にして欲しいものだと思うのですが、ちょっと気になるコメントが。。

「リメイク版では基本コンセプトにナノテクノロジーの考え方を盛り込んだ、大規模なSFアクションとして製作する予定だという。」

・・・なんかいやな予感がする。

ぐちゃぐちゃ感が独特のクローネンバーグタッチこそが、30年近くオリジナルを偉大なカルト作品として輝かせている理由であって、それって”大規模なSFアクション”とはぜんぜん違うでしょ。ちょっとやそっと金かけてコンピュータ使っても、おいそれとは凌駕できないでしょうねぇ、この作品の気持ち悪い魅力は。クローネンバーグ作品の中でもよりによって『ヴィデオドローム』をSFアクションにしようとしてる時点で負け試合確定?

今から作るんだったら、DVDじゃなくていいのかなぁ。DVDじゃマックスの腹に挿入するにしてもスリットで間に合うし、全然気持ち悪さが伝わらないなぁ。。などとつまらない心配もあります。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作:クロード・エロー
製作総指揮:ピエール・デヴィッド/ヴィクター・ソルニッキ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:マーク・アーウィン
特殊メイク:リック・ベイカー
音楽:ハワード・ショア

出演:ジェームズ・ウッズ/デボラ・ハリー/ソーニャ・スミッツ/レイ・カールソン/ピーター・ドゥヴォルスキー

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Yamaさん、コメントありがとうございます。気持ち悪いのに魅力的ですよね。笑。ディレクターズカット版もぜひ観たいものです。やっぱりいい作品のことは細かく知りたくなると思いますよ。
で、リメイクですが。。。あさって方向いてますよね^^;

『ビデオドローム』の強烈なエロティシズムと内臓感覚に溢れたグロテスクな造形美は、クローネンバーグ好きには抗い難い魅力があります。もちろん好きな作品ではありますが、彼の作品の中では及第点かなという思いも正直あります。また、LDではディレクターズカット版がリリースされていたのに、DVDは劇場公開版のみというのも残念なところです。性描写や残酷描写がカットされているだけで、作品自体に影響する類のものではないのですが、こうした細かい違いに拘るのもファン心理かなと。単に僕が細かいだけかもしれませんが。

リメイクですか...。大規模なSFアクションですか...。う~ん...。
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。