スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGではない? ハリウッド映画の観客はビニール人形!

【CGではない? ハリウッド映画の観客はビニール人形!『スパイダーマン3』や『硫黄島からの手紙』も!(Yahoo!映画ニュース 6/24)】より

はじめ、記事のタイトルを見たときは意味が全然わからなかったのです。エキストラ代わりに人形を使っていると言うことですね、なーるほどね、私もCGだと思ってました。ハイテクの塊りのような現代映画で、こういうローテクが活躍しているとは面白い。

ちなみに、この”The Inflatable Crowd Company”の公式サイト(⇒こちら)はページ一枚きり。こちらもかなりローテク。コピーによると、”Inflatable Crowd manneqines(空気でぷーっと膨らむエキストラ人形)"は、経済的でリアル。作品にあわせていかようにもオーダー承ります。人形だけではなく、セットアップから後片付けまですべてお任せ。なんて事が書いてありますね。

実際の写真も発見しました(⇒こちら)。かなり、ブキミ・笑。(顔はお面なのね)

スクリーンで蘇る名優80人64作品:国立近代美術館フィルムセンター

【スクリーンで蘇る名優80人64作品(Yahoo!映画ニュース 6/23)より

7月27日から京橋のフィルムセンターで『逝ける映画人を偲(しの)んで 2004―2006』と言う特集が始まりますね。岸田京子さん、丹波哲郎さん等の俳優だけでなく、野村芳太郎さん、石井輝男さんなどの監督作品も上映されるそうです。3年間で80人も亡くなってるんだなぁ。

フィルム・センターは、古い映画ファンにとっては、とてもありがたい存在(500円だし)。いつも斬新な企画で昔の貴重な作品を見せてくれます。去年は何回か足を運んだのですが、今年になってから映画館に行ってないなぁ。このところちょっと忙しいと言うこともありますが、昨年秋ごろから邦画を中心に上映していることも理由の一つ。現在は、川島雄三監督特集。

東京国立近代美術館フィルムセンター ⇒ 公式サイトはこちら
(当企画のコーナーは、6/23現在制作中のようです)

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

米俳優のジョン・トラボルタさん、A380を絶賛

【米俳優のジョン・トラボルタさん、A380を絶賛(Yahoo!映画ニュース 6/22)】
A380ってなに?大型旅客機?へぇ、何でそんなものをトラボルタが絶賛?

>19歳で操縦資格を獲得、操縦時間5000時間のプロ並みの腕前。---ほう。

>今回もプライベート機のボーイング707型機を自ら操縦してル・ブルジェ空港に到着した。---はぁ?

>大型旅客機ボーイング747型機など計8機を所有し、米フロリダの自宅には滑走路もある。---・・・・沈黙

My ジャンボですか。。。燃費悪そ。。。


↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ウッディ・アレンがオペラ監督に

【ウッディ・アレンがオペラ監督に(AFP BB News (6/22)より】

先日、バルセロナの大学から名誉博士号授与のニュースがあったウディ・アレンですが、今度はオペラの演出をするという話題です。記事によると、プッチーニの一幕オペラを三部作で上演するうちの一つをアレン監督が演出するということです。他にウィリアム・フリードキンの名前も見えますね。

で、目がとまったのが

>これまで多くの映画監督をオペラに誘ってきました

という、プラシド・ドミンゴ氏の言葉。ジョン・シュレシンジャーの名前が挙がっていますが、他にもかなり多くの監督がオペラの演出を手がけているらしい。そこで少し調べてみました。

今回ウディ・アレン監督が演出を行うのはロサンゼルス・オペラにおいてですが、前出のプラシド・ドミンゴはその設立に深く関わっており、現在は総裁の地位にあります。ハリウッドと同じLAということもあり、オペラの観客層を増やすため、映画監督のオペラ演出をに向けてかなり積極的に働きかけているとのこと。

映画監督のオペラ演出の歴史は1950年のジョセフ・L・マンキーウィッツ監督までさかのぼることが出来るそうです。オペラの名作『ラ・ボエーム』の演出に新しい映画の手法を取り入れ、オペラに動きをくわえたのだとか。その他にも、これまで数多くの監督がオペラを手がけており、ざっと見ただけでもマキシミリアン・シェルやジョセフ・ロージー、ヴェルナー・ヘルツォーク、アトム・エゴヤン、チャン・イーモウなどなど。フランシス・フォード・コッポラやロバート・アルトマンも。日本人も吉田喜重の名前などがあります。

ウディ・アレン監督にはドミンゴ氏からかなり熱烈なラブコールがあったようですが、きっとアレン流の斬新な演出を見せてくれるでしょうね。オペラファンにウディ・アレンの実力をじっくりと見ていただきたいところです。

【参考にさせていただいたサイト】
keyakiのメモ、メモ... ”映画監督とオペラの演出:一覧表 [オペラの演出]  ”
HOLLEYWOODやぶにらみ ”映画監督オペラの世界へ”

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

菊池凛子活躍中!

『バベル』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた菊池凛子さんは、その後引っ張りだこですね。『時効警察』の三上聡監督によるコメディ『図鑑に載ってない虫』では、臨死体験ができるといううアイテム”死にもどき”を探し求める自殺願望の元SM嬢を演じ、宮崎作品でもおなじみのStudio4℃によるアニメ『Genius Party』では柳樂優彌とともに声優に挑戦。

『図鑑に載ってない虫』公式サイトは ⇒ こちら(6月23日公開)
『Genius Party』公式サイトは ⇒ こちら (7月7日公開)

そして、ライアン・ジョンソン監督の新作『The Brothers Bloom』では女詐欺師役を熱演中なのだそうです(6月2日現在ステータスがポストプロダクションになっていますので、熱演はもう終わってますね・・・)。『戦場のピアニスト』でアカデミー賞及びセザール賞主演男優賞を獲得したエイドリアン・ブロディと、『ナイロビの蜂』でアカデミー助演女優賞を獲得したレイチェル・ワイズとの競演。監督からも共演者からも非常に高く評価されているというニュースが入っています。いくつか掲載されたインタビュー記事で、芯の強さが感じられて好感が持てます。良い作品に仕上がるといいですね。(しかし、この写真はなんか変だぞ・・)

【菊地凛子をセルビアでキャッチ!ハリウッド映画第2弾を撮影(eiga.com)6/19より】

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ペドロ・アルモドバル監督 イタリア共和国功労勲章、コメンダトーレの称号を受勲

【ペドロ・アルモドバル監督 イタリア共和国功労勲章、コメンダトーレの称号を受勲(AFP BB News 6/17)より】

アルモドバル監督受勲のニュース。イタリア共和国功労勲章には、
グラン・コルドン
ガヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ
グランデ・ウッフィチャーレ
コメンダトーレ
ウッフィチャーレ
ガヴァリエーレ
の6階級があり、アルモドバル監督が受勲した”コメンダトーレ”は4つ目ですね。

ちなみに、過去日本人の受勲者もおり、映画関係では黒澤明監督、その他「ローマ人の物語」の著者塩野七生氏や元サッカー選手の中田英寿氏などの名前があります。黒澤明監督は通常外国人には授けられないとされている”ガヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ”。

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ウッディ・アレン、スペインの大学から名誉博士号を授与される

【ウッディ・アレン、スペインの大学から名誉博士号を授与される(AFP BB NEWS 6/15)より】

6月14日にバルセロナのPompeu Fabra大学から授与されたということです。ちょっと調べてみましたが、詳細がわかりませんねぇ。またニュースがあれば掲載します

ウディ・アレンは現在スペインで新作の準備中(⇒Midnight in Barcelona(Woody Allen Spanish Profect))。お気に入りのスカーレット・ヨハンソンを初め、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムなどなどが出演。7月から撮影開始ということです。

前作『Scoop』の全米BOX OFFICEが振るわなかったため、新作『Cassandra's Dream』の配給が心配されたウディ・アレン。無事ワインスタイン・カンパニーによる配給が決定し、今回の名誉博士号受賞。次回作もぜひ頑張ってほしいと思います。

↓↓最後まで読んでいただいてありがとうございました。ぜひワンクリックお願いします^^
にほんブログ村 映画ブログへ
★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。