スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#0215『純喫茶磯辺』吉田恵輔監督 2008年日本



解説

女子高生の娘と暮らす中年のダメ親父が、ふと思い立って喫茶店を開業。そんな父娘と店に集う面々がおりなす人間模様を描いた、話題のコメディ。宮迫博之、仲里依紗ら競演! 解説 いまどき純喫茶なんてダサい看板を掲げる店に、はたして客が来るの? と不安げな娘の心配をよそに、なぜか風変わりな連中ばかりが店に集まって、不思議な人間模様をおりなしていく様子を、のほほんとしたタッチで魅力的に活写。宮迫博之が愛すべきダメ親父をハマリ役で好演するほか、その娘役を人気急上昇中の仲里依紗、またコスプレ風の衣装で愛嬌を振りまく天然キャラのバイト店員を麻生久美子がキュートに演じるのも見もの。

ストーリー

女子高生の娘・咲子と2人暮らしの生活を送る、中年のダメ親父の磯辺裕次郎。8年前、妻に逃げられて以来、無気力な日々を過ごしていた裕次郎だったが、父の急死で転がり込んできた遺産を元手に、一念発起して喫茶店を開業することを決意。やむなく咲子も店を手伝うことになるが、案の定、客足はさっぱり。ところがバイトに採用した美人の素子にコスプレ風の衣装を着せたのが功を奏して、彼女目当てに店に通う常連客が増えて…。

感想~適度にあいまいなハッピーストーリー~

ネタばれしてますのでご注意ください。

最近、日本映画の近作を見る機会が増えました。昨年のアカデミー賞で『おくりびと』が外国語映画賞を受賞して話題になったりしましたが、ひところからするとずいぶん面白い映画が増えたように思います。

この作品もいろいろ話題になりましたね。吉田恵輔監督の作品は初めてですが、すでに監督3作品目。昨年のヴェネチア映画祭コンペ部門に唯一エントリーの塚本慎也監督の下で『六月の蛇』『ヴィタール』の照明を勤めていたそうです。

デビュー作の『なま夏』は、夕張国際ファンタスティック映画祭の”ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門グランプリ作品”。二作目の『机のなかみ』も評判がいいようですね。現代的な人間関係を映画の中で操作するのがうまいようです。

さて、その吉田監督の第3作『純喫茶磯辺』。この映画は、”喫茶店を開いたくらいで、人生が変わるとはおもわなかった。。”というキャッチからも読み取れるように、父と娘の絆の回復とか、磯辺と素子のすれちがう恋とか、そういう磯部を中心とした人間関係を描いています。

しかし、この物語の人間関係は意図的に”ぼかされている”ようで、”あれだよ”とか”なんすか?”など、今時良く使われる意味がわかるようでわからない日本語を象徴的にばら撒いています。他にも、居酒屋の客がことごとく”とりあえずビール”と連発するように、主体的な意思のない様子を強調してるようなのです。

父と娘の関係にしても、映画的ドラマチックなぶつかり合いと和解のようなものがあるわけでもなく、”人生変わった”といえるような出来事ってこの程度のことなの?と感じてしまうのです。

しかし、それこそ現代の人間関係の典型なのかもしれないなぁと、見終わってふと感じました。何事にもはっきりしたポジションをととらず、劇的な人間同士のぶつかり合いもなく、なんとなく気持ちの良い方向に物事は流れていく。

娘咲子のために自分を偽って身を引いた素子は、特にそれを引きずることもなく、磯部との別れの直後に他の男性と幸せな出会いをする。そもそも、北海道の実家に帰るというイベントが磯辺との別れの理由だったはずだったのに、うっかりミスで北海道には帰れず、結局磯辺と同じ街にいながら他の男性と出会い、結婚するでもなく同棲して妊娠してしまうのです。咲子との再開シーン(ちなみにこのシーンの素子の登場の仕方がおもしろい)でも、互いに思いはありながら突っ込んだ話をするでもなく、あいまいな距離感のまま別れていく。それはしこりにも、後悔にもならずすっきりと二人の関係にピリオドを打っていくのです。そのときに彼女が持っていた、ばかげた大きさのどら焼きがそういう人間関係のシンボルみたいでおかしいのです。

結局、現代的な人間関係ってあいまいさの中に存在しているのだなぁ。互いに傷つけあうような衝突や、そこからの感動の再生のようなものって、実生活の中だけではなくてもはや映画の中においても”イケてない”のかもしれないなぁ。そんな風に感じられました。

でも、自分のこととして振り返ると、確かに、熱い人間関係ばっかり望んでいるわけじゃない。ちょうどいいくらいのゆるーくて、気持ちのいい関係が楽だったりする。やっぱり今の時代ってそういう時代なのかもしれないですねぇ。そう考えるとこの映画はきわめて現代的な家族ドラマであり、恋愛ドラマであり、人間ドラマであるのかもしれなません。そう思ってしまう次第なのでした。

ちなみに、この映画を見たきっかけは1にも2にも麻生久美子。『キャシャーン』のあんまりしゃべらないヒロインを演じていたときにちょっといいなぁと思っていたのですが、そのときは不覚にも佐藤江里子と間違えておりました。その後、UNICLOのヒートテックのコマーシャルとか、時効警察とか、で極めつけがショートフィルム『Slow is beautiful』の冒頭シーン。。。大好きです。いろんな役柄を演じることができる印象的な女優さんですね。

【作品情報】
『純喫茶磯辺』 2008年日本 113分

<スタッフ&キャスト>
監督:吉田恵輔
プロデューサー:武部由実子、渡辺和昌
企画・プロデュース:小出健
脚本:吉田恵輔
撮影:村上拓
編集:吉田恵輔
音楽:CKB-Annex
音楽プロデューサー:横山剣、荻野知明
テーマ曲:クレイジーケンバンド『男の滑走路』
スタイリスト:小林純子
照明:山田真也
録音:湯脇房雄

出演:宮迫博之、仲里依紗、濱田マリ、近藤春菜、ダンカン小沢、和田聰宏、ミッキー・カーチス、斎藤洋介、伊藤明賢、田島ゆみか、悠木碧、明楽哲典、堀越のり、三島ゆたか、踊り子あり、あべこうじ、麻生久美子

ブログパーツ

【DVDを借りる】



【そうだ!映画見に行こう!と思ったら、こちらからチケット予約】
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0214『クリスティーン』ジョン・カーペンター監督 1983年アメリカ



”CHRISTINE” にほんブログ村 映画ブログへ

モノを偏愛する気持ちっていうのはわかります。

車とか時計とか万年筆とか。
単なる趣味って言われてしまえばそれまでながら、”コレクター”というのとはまた少し違う、
ひとつの”モノ”をひたすら愛する気持ちってのは確かにある。

『クリスティーン』は、車を溺愛する少年アーニー(キース・ゴードン)をめぐる物語ですが、主役は人間ではなくてむしろ”モノ”である車の方。4灯の特徴的な顔と後ろに伸びるテールフィンが美しい58年製プリマス・フューリー、その名を”クリスティーン”と言います。彼女は嫉妬深く残酷な女性人格を持っている。
christine1.jpg
(↓お好きな方はこちらを。赤なら良かったのに。。)


”魔性の車クリスティーンが、惚れた男アーニーと自分にとっての邪魔者を轢き殺し撥ね殺し片付けていく、モノフェチホラー映画。

1950年頃のアメ車ってなんともいえない魅力があって、だからこそこの映画は成り立っている。
たとえ無用なほどに大きくても、バケツでガソリンを撒き散らすガス・ガズラーでも、いわんやうんざりするほど故障が多いできそこないだろうが、それを補ってあまりあるなんともいえない”色気”がある。
どんなモノでも、モノフェチが惚れるのはそういう”モノとしての色気”にあふれているからなんですな。

今の車は、やれ空力だ運動性能だエコだと、機能性や効率性ばかり求めてすっかり色気がなくなってしまいました。この先登場するであろうハイブリットだとか電気自動車だとかを見渡しても、もう車に色気を期待するのは無理なような気がします。

プリウスは確かに”良い車”だけど、果たしてプリウスはクリスティーンになりうるか。ムリ。周囲の期待に応えるためだけに作られた良い子には、とろけるような妖艶な悪女を演ずることなどできないのだ。

この映画はプリマス・”クリスティーン”・フューリーの色気を、実にうまく見せてくれます。赤白ツートンカラーの車体、「あなたのことが大好きよ。だってあなたの気持ちを知ってるから」なんて奏で出してしまうカーラジオ。悪がきどもにめちゃめちゃに叩き壊されても、愛するアーニーの「もう一度一緒にがんばろうな。。」の一言で、グキグキと音を立てながら自己修復してしまう健気さ。

Christine2.jpg

そんな、モノフェチの心をわしづかみにするクリスティーンの色気がこの映画の最大の魅力。そして、その色気と同居するクリスティーンの邪悪さ、そのギャップが見所。これはまさしく、フィルム・ノワールの世界に花咲くファム・ファタールと同質のもの。『深夜の告白』におけるバーバラ・スタンウィックと同じものなのですよ。

こういう映画ってなんか好きなんだなぁ。血が騒ぐんだなぁ。

実は、私は車フェチじゃなくて万年筆フェチなんですが、もし自分のペリカンが意思を持って動き出したら。。。やっぱり、きっと今よりもっとかわいがってしまうw。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ジョン・カーペンター
製作:リチャード・コブリッツ/ラリー・フランコ
製作総指揮:カービー・マッコレー/マーク・ターロフ
原作:スティーヴン・キング
脚本:ビル・フィリップス
撮影:ドナルド・M・モーガン
音楽:ジョン・カーペンター/アラン・ハワース

出演:キース・ゴードン/アレクサンドラ・ポール/ジョン・ストックウェル/ロバート・プロスキー/ハリー・ディーン・スタントン/クリスティーン・ベルフォード/ロバーツ・ブロッサム/ケリー・プレストン/デヴィッド・スピルバーグ/ウィリアム・オストランダー/マルコム・ダネア

【DVDを借りる】


【そうだ!映画見に行こう!と思ったら、ここ↓からチケット予約】
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0213『エレファント』ガス・ヴァン・サント監督 2003年アメリカ



”ELEPHANT” にほんブログ村 映画ブログへ

カンヌ映画祭でパルムドールと監督賞をダブル受賞したというから観てみました。。。

が。

歯がゆい。なんか言え。高校生が自動小銃や手投げ弾で重武装して、友だちや先生を殺しまくった。悲惨残酷冷酷な犯罪をテーマにしておいて、なにも言わないとは何事か。それを淡々と、あたかも日常と見まごうように描写するとは何事か。怒るか嫌悪するか、それとも擁護するか。とにかくなんか言え!!

取り乱し気味で申し訳ありません。
この作品、常識人な私の心を不快にかき乱してくれます。かのコロンバイン高校事件を目の当たりにしつつこのタッチ。こんな視線でこの事件を見ることができるなんて、ガス・ヴァン・サントは一種の変態に違いありません。

この映画を”青春映画”と言ってしまうallcinemaの解説も相変わらず変。登場する誰が青春してる?登場する高校生たち全員が演ずる役者と同じ名前。監督は、登場人物の誰に対しても、一切の思い入れを注いでいない。だれも主体的なキャラクターとしては描かれていない。ある田舎の高校の日常に突如殺人鬼が飛び込んできて阿鼻叫喚。そのこと自体が、全体として主役なのであって、殺す側も殺される側も個々の人間としての存在意義はない。そんなものが青春映画のはずがないし、作為がちらつく時間軸のオーバーラップはドキュメンタリーとすら感じさせない。結局、この映画で主体性を持っているのは、ただ一人監督のガス・ヴァン・サントだけということなのではなかろうか。

史上最悪の学校乱射事件を題材に、自分のナルシスティック(同性愛ももちろん含まれている)な感性を映像化するためだけに撮ったんじゃないのと、勘繰ってしまう下衆なチンピラは私だけでしょうか?ざわざわと不愉快なものを残してくれた作品でした。★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ガス・ヴァン・サント
製作:ダニー・ウルフ
製作総指揮:ダイアン・キートン/ビル・ロビンソン
脚本:ガス・ヴァン・サント
撮影:ハリス・サヴィデス
編集:ガス・ヴァン・サント

出演:ジョン・ロビンソン/アレックス・フロスト/エリック・デューレン/イライアス・マッコネル/ジョーダン・テイラー/ティモシー・ボトムズ

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0212『ヴィデオドローム』監督 1982年アメリカ


”VIDEODROME” 
にほんブログ村 映画ブログへ

エログロ零細ケーブルテレビの社長マックス・レン(ジェームズ・ウッズ)が、視聴率を稼ぐために過激な映像を追い求め、ついにたどり着いたのが”ヴィデオドローム”。いわゆるスナッフフィルム(実際の殺人行為を移したフィルム)であるらしい。自局の番組として取り込むべく、ヴィデオドロームを探るうち、徐々にマックスは幻覚を見るようになっていく。

き・も・ち・わ・る~。
いつ観ても、このあたりのクローネンバーグ作品は気持ち悪い。ディープなファンは、この気持ち悪さがたまらなかったりするんでしょうか。わからなくもないけど。映像的気持ち悪さ加減は、8分20秒の特盛YouTubeを載せときましたのでそちらでご確認くださいませ。

後半に画面にあふれる内臓感覚もさることながら、なんというのか、その、”ビデオ”っていうのがいやですねぇ。”映像”には、時に大きな影響力があって、ある人が人生のあるタイミングである映像を見たために、その後の生き方を大きく変えたりすることもあるでしょう。また、ある映像が同時にたくさんの人々にたまらないほどの不快感を与えたりすることもあるかもしれません。

マックスに幻覚を見せるのは、”ヴィデオドローム”っていう映像なんだけど、マックスの変容には”ビデオ”が大きくか関わってるわけで。。映像が精神に影響を与えるっていう、わかり易い範囲から思いっきりはみ出してるし。不快なんですよねぇ。映像で洗脳されるっていう精神的な話だったら、その内容がスナッフだろうがなんだろうが、こんな気持ち悪さは多分感じないんでしょう。でも、同時にそれがビデオカセットって安っぽい形になって、脈打って、腹にできた穴にジュボジュボと挿入されて。。。映像を見たことによってできた脳腫瘍による幻覚。考えてみればその発想だけでもうすごいんだけど、それを具体的な形として見せちゃって、もう精神的なもんも肉体的なもんも、まぜこぜでぐっちゃぐちゃ。。おまけに生の肉と無機質な物体の気色悪い合体感覚。やっぱり気持ち悪いわ。

今日久しぶりに『ヴィデオドローム』を観たのは、実はこんな記事を見かけたからです。

クローネンバーグ代表作をリメイク 『ヴィデオドローム』がSFアクション大作に 
~ヴァラエティ・ジャパン 2009/4/29


監督はまだ決まってないのかな?脚本はアーレン・クルーガーで、この人の書いた『レインディア・ゲーム』は映画館で見た覚えあり。最新作では、『トランスフォーマー/リベンジ』も書いてますね、その他『ブラザーズ・グリム』とか。

がんばっていい作品にして欲しいものだと思うのですが、ちょっと気になるコメントが。。

「リメイク版では基本コンセプトにナノテクノロジーの考え方を盛り込んだ、大規模なSFアクションとして製作する予定だという。」

・・・なんかいやな予感がする。

ぐちゃぐちゃ感が独特のクローネンバーグタッチこそが、30年近くオリジナルを偉大なカルト作品として輝かせている理由であって、それって”大規模なSFアクション”とはぜんぜん違うでしょ。ちょっとやそっと金かけてコンピュータ使っても、おいそれとは凌駕できないでしょうねぇ、この作品の気持ち悪い魅力は。クローネンバーグ作品の中でもよりによって『ヴィデオドローム』をSFアクションにしようとしてる時点で負け試合確定?

今から作るんだったら、DVDじゃなくていいのかなぁ。DVDじゃマックスの腹に挿入するにしてもスリットで間に合うし、全然気持ち悪さが伝わらないなぁ。。などとつまらない心配もあります。★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作:クロード・エロー
製作総指揮:ピエール・デヴィッド/ヴィクター・ソルニッキ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:マーク・アーウィン
特殊メイク:リック・ベイカー
音楽:ハワード・ショア

出演:ジェームズ・ウッズ/デボラ・ハリー/ソーニャ・スミッツ/レイ・カールソン/ピーター・ドゥヴォルスキー

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0211『ファンタスティック・プラネット』ルネ・ラルー監督 1973年フランス・チェコ



”LA PLANETE SAUVAGE” にほんブログ村 映画ブログへ

前回の『イエロー・サブマリン』で”ファンタスティック・プラネットの方が良い!”とコメントしましたが、以前の古いブログの方にこの作品の記事がおきっぱなしになってしまっていました。
本来なら再鑑賞の上書き足したいところですが、とりあえずそのまま転載しておきます。


以下、転載。


あらすじ

惑星イガムでは、巨大宇宙人ドラーグ人が人間をペットとして飼っている。人間の子供テールはドラーグ人の少女ティバに育てられ、彼らの学習装置により高度な知識を身につける。やがて、成長したテールは学習装置を奪い脱走、反ドラーグの人間たちのリーダーとなっていく。

みどころ

幻想的なローラン・トポールのイラストを切り紙アニメで映画化した作品。巨大で無表情なドラーグ人に対して、悲しそうな顔の小さな人間たちがいかにも弱々しい。不思議な生物(この造形がまた絶品)が生息する惑星の描写やドラーグ人の生態など、なんともいえない画像としての魅力を持っています。切り紙アニメ独特のカクカクとした動きもこの作品の雰囲気には適していますね。実に摩訶不思議な世界観。

ルネ・ラルーはもともとはアニメにかかわる人ではなく、ある村で、バカンスに出かけた精神科医の友人の代役として、絵画や影絵のようなものを使った精神療法を試み、その過程でアニメーションに深くかかわるようになったのだそうです。

この作品の製作に対するラルーとアニメスタッフ(チェコのイジー・トルンカスタジオ)のこだわりはすさまじく、背景画の上に直接登場人物の絵を乗せて撮影する方法で作られており、実に4年の歳月をかけて完成。画面としてみたときの自然な美しさは特筆もので、マニアの間では「あのトポールの絵がそのまま動く!」として驚嘆のまなざしで迎えられました。1973年のカンヌ国際映画祭特別賞獲得、パルムドールにノミネート。

個人的には

アニメ作品ってあまり見ません。なので、当然この作品も全然知りませんでした。

が、この作品痛く気に入りましたね。その理由は多数登場するわけのわからない生物。なんとも素敵。古くはずいぶん昔に読んだ手塚治虫「火の鳥」(宇宙編?)に出てくる生物とか、SFなどに登場する変な生物の絵に妙に魅力を感じるのですよ。

特に、学習装置によって知恵をつけた人間が道具を使って初めて鳥の化け物を倒しますが、この鳥!あのぎざぎざの口で人間が住んでいる建物の屋根を破って、その穴からありくいみたいに長い舌を差し込んでくっついた人間食べてます。妙に合理的でグロテスクなところが実にGOOD。素敵だと思いませんか?(思わないか・笑)★★★★☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ルネ・ラルー
製作:サイモン・ダミアーニ/アンドレ・ヴァロ=カヴァグリオーネ
原作:ステファン・ウル
脚本:ローラン・トポール/ルネ・ラルー
撮影:ハポミル・レイタール/ボリス・パロミキン
音楽:アラン・ゴラゲール

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#0210『イエロー・サブマリン』ジョージ・ダニング監督 1968年イギリス



”Yellow Submarine” にほんブログ村 映画ブログへ


もともと、アニメに乗り気でなかったビートルズのメンバーを本気にさせて、最後に実写出演までさせたのは、ジョージ・ダニングが創り上げたポップでサイケな作品の芸術性。ということなんでしょう。You Tubeで観ることがができるとおり、お見事。人気キャラのジェレミーやブルー・ミーニーズなどは、いったいどんな感性が創らしめたのよ、と聞いてみたくなるくらい。

それだけ見事なアートのカタマリ(しかも音楽は言わずもがな。”サージェント・ヘペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”ってこんなにいい曲だったのね。。)なのに、映画として面白く感じられなかったのは何故かなぁ。って、個人的には答えわかってるんですけどね。ドラマが観たいんですよ、ドラマが。サイケなアートの洪水じゃなくて、心躍るドラマが観たいのだ!その点、単純すぎるんだ、この作品は。ドラマが。そういう意味じゃ、ポップアートアニメなら『ファンタスティック・プラネット』の方が断然面白かった。

昔々のビートルズファンだったころなら、もっと楽しく見れただろうに。残念だ。
色とりどりのアートと音楽に浸っているだけで幸せな気分になるには、あまりに世間ずれしすぎちゃったんだろうなぁ、自分が。★★★☆☆

<スタッフ&キャスト>
監督:ジョージ・ダニング/ジャック・ストークス
製作:アル・ブロダックス
脚本:リー・ミノフ/アル・ブロダックス/ジャック・メンデルソーン/エリック・シーガル
撮影:ジョン・ウィリアムズ
音楽:ザ・ビートルズ/ジョン・レノン/ポール・マッカートニー/ジョージ・ハリソン/リンゴ・スター
声の出演:ジョン・クライブ/ジェフリー・ヒューズ/ピーター・バトン/ポール・アンジェラス

↓↓最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひ、ワンクリックお願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

★引っ越しました!★
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。 新しくシネマぞろ★を始めました。下のリンクよりぜひお立ち寄り下さい!
場内ご案内
はじめてご来場のお客様は
こちらから
上映作品を探す

【上映作品INDEX】
⇒タイトル別/あ行-さ行
⇒タイトル別/た行-わ行
⇒製作年別/1910年代-1940年代
⇒製作年別/1950年代-2000年代
⇒ファーストインプレッションリスト
【特集INDEX】
⇒サイレント映画特集
⇒ヒッチコック特集
⇒フィルム・ノワール特集
【500円DVD INDEX】
⇒500円DVDリスト(07/12/09更新)
 全358タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索
カスタム検索
最近の記事を読む
コメント御礼!
トラックバック感謝!
上映作品ランキング


ご来場感謝!!
Google
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

文芸座館主

Author:文芸座館主

Blogranking.net

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。